ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成28年度 > 株式会社下園薩男商店は薩摩川内市と立地協定を締結しました

更新日:2017年3月23日

ここから本文です。

株式会社下園薩男商店は薩摩川内市と立地協定を締結しました

下園薩男商店

岩切薩摩川内市長(右)、株式会社下園薩男商店園代表取締役(中央)

式会社下園薩男商店は、昭和14年鹿児島県阿久根市にて創業。昭和46年に鹿児島県薩摩川内市湯田町に工場を開設しました。
社は、水産加工業を生業とし、主に鹿児島近海で獲れたうるめいわしを原料に、丸干し製品を製造。日本全国の大手量販店に納品するなど、国内でも最大規模のうるめいわし丸干し加工会社であり、平成27年には、食品衛生管理の国際標準であるHACCP(ハサップ)を取得するなど、海外への輸出を見据えた高品質な製品を製造する先進的な取組が行われています。
回の設備投資は、食の安心・安全を求める声が高まる中、日本国内はもちろん、これまで需要がありながら対応できなかったアメリカへの輸出に向け、さらなる品質向上と生産能力の増大を図る必要があることから、より衛生・品質管理面を徹底した輸出向け拠点工場の増設が決定されたものです。
た、同社は、漁業者の所得、経営安定につなげるため、近年漁獲量が増えている「真イワシ」等をオイルサーディン等の原料用に高値での取引が期待できるEU、アメリカ等に輸出することを計画するなど、地域に密着した企業経営が行われています。
れにより、地域産業の高度化や雇用の維持・創出はもとより、日本の水産業界全体の発展にも大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

成29年3月17日(金曜日)

株式会社下園薩男商店湯田工場の概要

⑴ 所在地:薩摩川内市湯田町1013-1
⑵ 敷地面積:5,325平方メートル
⑶ 延床面積:2,732平方メートル
⑸ 建物構造:鉄筋造2階建て
⑹ 操業年月:昭和46年6月
⑺ 従業員数:46名
⑻ 事業内容:水産加工業、うるめいわし丸干しの製造

増設工場の概要

⑴ 工場名:株式会社下園薩男商店湯田工場
⑵ 所在地:薩摩川内市湯田町1013-1(現工場隣接地)
⑶ 敷地面積:2,503平方メートル
⑸ 延床面積 :2,599.61平方メートル
⑹ 建物構造:鉄筋コンクリート造2階建て
⑺ 着工予定:平成29年4月
⑻ 操業予定:平成30年4月
⑼ 投資予定額:約5億円
⑽ 新規雇用者:5名
⑾ 事業内容:水産加工業、うるめいわし丸干しの製造
⑿ 生産計画:8億3千万円/年(工場全体)

本社の概要(外部サイトへリンク)

⑴ 所在地:鹿児島県阿久根市大川54番地
⑵ 工場:湯田工場(薩摩川内市),船間島第二工場(薩摩川内市)
⑶ 設立:昭和46年6月
⑷ 工場長役職・氏名:代表取締役
⑸ 資本金:10,000千円
⑹ 従業員:78名(平成28年12月28日現在)
⑺ 事業内容:水産加工業、うるめいわし丸干しの製造
⑻ 年商:約5億4千万円(平成28年5月期)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?