ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 令和元年度 > セラテックジャパン株式会社は霧島市と立地協定を締結しました

更新日:2019年7月23日

ここから本文です。

セラテックジャパン株式会社は霧島市と立地協定を締結しました

R1セラテックジャパン

セラテックジャパン株式会社平林代表取締役社長(中央左),中重霧島市長(中央右),下深迫霧島市議会議長(右)

 

ラテックジャパン株式会社は、昭和50年に長野県において、平林製作所から分離し、電子材料切断部門を手掛ける会社として操業した株式会社平林とセラテックジャパン株式会社との平成4年の合併により設立されました。
社は、設立以来、時代の最先端製品に使用されるファインセラミックス素材の精密加工を提供する加工専門メーカーとして、電子・光学関連分野における市場の多様なニーズに応え続けています。特に素材の切断から高精度な平面に仕上げる研磨加工を得意とし、さらに形状加工や研削加工、光学薄膜加工技術を併せ持つことで、社内一貫加工で市場に加工技術を提供しています。
回の鹿児島工場の新設は、今後需要が期待されるAI、IoT、次世代通信規格5G等の自動車や通信関連部品の高度化や拡がりに対し、九州に拠点を置く取引先への納期短縮や生産体制の強化を図るとともに、BCP(事業継続計画)の一環として生産拠点の分散と多様な人材の確保、さらに西日本地域での新規顧客開拓も目指すものです。
た、霧島市への進出は、鹿児島県のほぼ中央に位置し、九州の拠点としてのアクセスの良さや製造業に理解のある土地柄に魅力を感じて決定されたものです。今後、部品や材料加工面での県内企業との連携等を通じての技術振興はもとより、地域における雇用機会の創出や経済浮揚に大きく寄与するものと期待されます。

立地協定日

令和元年7月12日(金曜日)

セラテックジャパン株式会社の概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:本社・工場野県長野市篠ノ井岡田500
(2)社歴:昭和50年11月
(3)代表者:代表取締役社長
(4)資本金:1億円
(5)年商:約26億円
(6)従業員数:200名(令和元年6月時点)
(7)業種:ファインセラミックスの精密一貫加工(切断・研削・研磨・成膜)

新設工場の概要

(1)工場名:セラテックジャパン株式会社鹿児島工場
(2)所在地:鹿児島県霧島市国分上野原テクノパーク1168番26(国分上野原テクノパーク)
(3)用地面積:6,781.45平方メートル
(4)建物面積:1,200平方メートル
(5)着工予定:令和2年4月
(6)従業員数:13名
(7)投資予定額:4億9,300万円
(8)操業予定:令和3年1月
(9)事業内容:ファインセラミックス材料の切断、研磨
(10)生産計画:年額約1億5千万円(初年度)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?