ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成29年度 > 瀬涯機工株式会社は出水市と立地協定を締結しました

更新日:2017年9月7日

ここから本文です。

瀬涯機工株式会社は出水市と立地協定を締結しました

瀬涯機工2

瀬涯機工(株)瀬涯代表取締役社長(中央左),瀬涯機工(株)涯会長(中央右),渋谷出水市長(右)

涯機工株式会社は,昭和20年,出水市中央町で主に自動車やトラックのパンク修理を行う瀬涯商会として創業後,畜産車両車載柵や食鳥処理機械の製作,農業機械修理の分野を中心に事業展開してきました。
和58年に瀬涯機工有限会社に改組し,昭和63年に本社及び工場を出水市平和工業団地に新築移転,平成4年に瀬涯機工株式会社として社名変更し,着実に業績を伸ばしています。
には,平成22年に第2棟工場を増設,翌23年には霧島市に省力化機械組立工場を増設するなど更なる規模拡大を実現させ,現在は,機械加工,製缶加工,機械装置等組立に加えて半導体製造機械の部品製造も受注しています。「農機具修理から最先端加工への挑戦」をモットーに,絶えず新しい分野への挑戦を続け,将来的には宇宙産業への参入も視野に入れた成長を目指しています。
回の工場増設は,食鳥処理機械や半導体製造機械の部品製造,組立等における大幅な受注増に対応するために決定されたものであり,今後も取引先からの要求以上の製品提供のための努力を惜しまないモノづくり企業としての発展を目指すこととしています。
れにより,地域における雇用の創出・活性化はもとより,地域経済の浮揚発展にも大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

成29年9月5日(火曜日)

瀬涯機工株式会社の概要

(1)所在地:出水市平和町502番地(平和工業団地)
(2)工場:本社工場(出水市)、隼人工場(霧島市)
(3)設立:昭和20年12月
(4)代表者:代表取締役社長介(せぎわうすけ)
(5)資本金:1,000万円
(6)年商:6億円
(7)従業員数:66名
(8)事業内容:精密機器加工、製缶、食鳥処理機械製作、省力化機械組立、各種機械設計


増設工場の概要

(1)工場名:瀬涯機工株式会社本社第3棟工場
(2)所在地:出水市平和町735番地
(3)用地面積:895平方メートル(自社所有敷地内)
(4)建築面積:783平方メートル
(5)着工予定:平成29年9月
(6)新規雇用予定者数:5名
(7)投資予定額:1億円
(8)操業予定:平成29年12月
(9)事業内容:装置製造・機械組立(輸入機械組立、改造、省力化機械組立)
(10)生産計画:5,000万円/年



よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?