閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 雇用・労働 > 助成金 > 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金について

更新日:2022年2月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金について

以下の子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し,有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主や,子どもの世話を保護者として行うことが必要となったため,契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者を対象とする支援制度があります。

  1. 新型コロナウイルス感染症に関する対応として,ガイドラインなどに基づき,臨時休業などをした小学校など(保育所等を含みます)に通う子ども
  2. 新型コロナウイルスに感染した子どもなど,小学校などを休む必要がある子ども

小学校休業等対応助成金

子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し,有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主を対象とする支援制度です。

事業主の皆さまには,この助成金を活用して有給の休暇制度を設けていただき,年休の有無にかかわらず,保護者が希望に応じて休暇を取得できる環境を整えていただけるようお願いします。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

 

  • 助成金を活用せず,有給の休暇制度を設けない事業主に対しては,鹿児島労働局から働きかけを行うほか,個人からの申請にも対応します。

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口について

鹿児島労働局の『小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口』は,「企業にこの助成金を利用してもらいたい」等,労働者の方からのご相談内容に応じて,企業への特別休暇制度導入・助成金の活用の働きかけ等を行っています。

  1. 特別相談窓口では,労働者の方からのご相談内容に応じて,事業主に、特別休暇制度導入・助成金活用の働きかけを行います。
  2. それでも事業主が助成金の活用に応じない場合には,労働者の方から休業支援金・給付金の支給申請ができるよう,労働局から事業主に必要な協力の働きかけを行います。

また,1に関連して,小学校休業等対応助成金や休業支援金・給付金の活用について,事業主との相談を経ずに,労働者から労働局に相談することも可能です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

子どもの世話を保護者として行うことが必要となったため,契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者を支援する制度です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金について(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部雇用労政課

電話番号:099-286-3017

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?