ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 水産業 > 遊漁・海洋性レクリエーションについて > 漁業制度3(区画漁業権,定置漁業権について)

更新日:2017年3月1日

ここから本文です。

漁業制度3(区画漁業権,定置漁業権について)

3.漁業権とは(続き)

(2)区画漁業権

区画漁業権とは、一定の区域内において養殖業を営む権利のことで、第1種から第3種まであります。
第1種区画漁業

魚類小割式養殖業、のり・わかめ養殖業、真珠母貝養殖業、真珠養殖業などがあります。

のり・わかめ養殖業(第1種区画漁業)
魚類小割式養殖業(第1種区画漁業)
第2種区画漁業
築堤式や網仕切り式養殖業築堤式養殖業(第2種区画漁業)
網仕切式養殖業(第2種区画漁業)
第3種区画漁業

地まき式の貝類養殖業
※別に特定区画漁業権という呼び方がありますが、これは、ひび建養殖業、真珠母貝養殖業、小割式養殖業、かき養殖業及び第3種区画漁業のことで、原則として漁業協同組合に免許し、組合の管理のもとに組合員が養殖業を営むもので、共同漁業権とともに「組合管理漁業権」といわれます。
代表的なものに、錦江湾内におけるブリ、カンパチ養殖業があげられます。

 

(3)定置漁業権

定置漁業とは、漁具を定置して営む漁業であって、身網の設置される場所の最も深い所が最高潮時において、水深27メートル以上のもので、いわゆる大型定置と呼ばれています。甑島、南薩南部、大隅半島東部に多く見られます。
第2種共同漁業の小型定置漁業や知事許可の小型定置漁業との違いは、身網の設置される水深が異なることで区別されます。

定置網(定置漁業)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部水産振興課

電話番号:099-286-3428

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?