ホーム > 社会基盤 > 港湾・空港 > 県内の港湾 > マリンポートかごしま > 緑地整備計画(1期1工区) > 「マリンポートかごしま」(1期1工区)緑地整備計画

更新日:2016年12月16日

ここから本文です。

「マリンポートかごしま」(1期1工区)緑地整備計画

マリンポートかごしま」(1期1工区)の緑地整備計画については,緑地整備検討会での議論や県民の皆さまからの意見を踏まえ,下記のとおり決定しました。
 
 
平成19年4月27日

「マリンポートかごしま」(1期1工区)緑地整備計画

1本方針

型観光船が接岸できる岸壁を整備するとともに,県民や観光客が錦江湾や桜島の雄大な景観を満喫し,憩い,散策できる緑地空間を整備する。

2画策定の経緯

  • 平成19年3月緑地整備計画(案)の策定
  • 平成19年3月26日第1回緑地整備検討会
  • 平成19年3月27日~4月9日(14日間)県民意見の募集
    (意見提出件数4名(12件))
  • 平成19年4月24日第2回緑地整備検討会

31期1工区全体面積

10.3ha(埋立期間平成17年2月~平成19年3月)

41期1工区上物整備概算事業費

19億円

5地整備計画の概要

本方針に基づき,次のとおり5つのゾーンを設定し,各ゾーン毎に施設や樹木類,花壇等の整備計画を決定した。
(1)散策・展望ゾーン
策しながら桜島や錦江湾,大型観光船を展望できる場
(2)歓迎セレモニーゾーン・待合所
国鹿児島をイメージした空間で観光客を迎える場
(3)緑陰広場ゾーン
れた県民や観光客が憩い,くつろぐ場
(4)西広場ゾーン
ベントやスポーツなど,多目的に活用する空間
(5)エントランス道路ゾーン
ントランスを意識した道路植栽
 

6マリンポートかごしま(1期1工区)緑地整備検討会」の意見

1期1工区は,1期2工区の緑地整備を踏まえた実験的な場と考えて,多種多様な花木の植栽を行ってほしい。

花や樹木等の植付けは,供用開始までに全てを完了するというのではなく,適切な時期を考えて,計画的に行ってほしい。

今後,1期1工区については,上記の考え方を踏まえて整備を行い,県民に喜ばれる広場にしてほしい。

7民からの主な意見

エントランス道路ゾーンに,ハイビスカス類の南国の花の植栽

自然条件を考慮してマルバニッケイ,抵抗性クロマツ,ウバメガシ,アコウの植栽

散策やジョギングができる全天候型のコースの計画

歓迎セレモニーゾーン前に鹿児島県の地図の設置

81期1工区の主な施設

展望デッキ,花文字(WELCOMETOKAGOSHIMA),セレモニー広場,イベント広場,芝生広場,園路,ふ頭内道路,駐車場,簡易待合所,トイレ,シェルター,等

 

(資料)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?