ホーム > くらし・環境 > 住まい > 省エネ対策 > 環境共生住宅 > コラム > 高性能な塗材といっても

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

高性能な塗材といっても

塗材の性能を論ずるときの暗黙の了解があります。それは「適切な施工条件で適切な下地が施工されている。」ということです。つまり、塗装工事に適した気温や湿度条件下で、完全に調整された下地に塗布量や工程間隔、時間等を守って仕様通りに塗装されてはじめて性能を発揮するということです。この条件が整わなければ、いかに高性能な(高価な)塗材でも無駄になりかねません。冬季の工事や改修工事のときには特に気をつけましょう。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?