ホーム > くらし・環境 > 住まい > 省エネ対策 > 環境共生住宅 > コラム > カンザイシロアリ対策について

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

カンザイシロアリ対策について

鹿児島県ではカンザイシロアリの被害が確認されています。カンザイシロアリは乾燥した木材を加害し、ゴマのような糞を家屋内外に排出しますが、被害は他のシロアリのように急速に広がることはありません。しかし、カンザイシロアリは、生息場所の把握が難しく、駆除工事は困難を極めます。カンザイシロアリ対策としては、生息拡大を抑えるため、被害家屋の早期駆除が重要です。また、該当家屋を解体するときは被害材、被害家具の焼却が重要です。

アメリカンザイシロアリ  加世田市津貫地区で確認
ダイコクシロアリ     沖永良部で確認

写真8-11 アメリカカンザイシロアリによる被害

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?