ホーム > くらし・環境 > 住まい > 省エネ対策 > 環境共生住宅 > コラム > ヤスデ発生! ヤスデのまん延防止

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

ヤスデ発生! ヤスデのまん延防止

■ヤスデ発生

 奄美地方では、平成3年に徳之島町の轟木地区で異常発生し、平成4年9月には名瀬市朝仁千年松付近で異常発生していますが、その生息地域、異常発生地域は、奄美群島の各地域に年々、拡大してきています。

■ヤスデのまん延防止

 ヤスデのまん延防止のため、ヤスデが生息する地域から土や堆肥等を持ち出す場合や発生地域で土木工事を行う場合は、土壌や工事用車両等を消毒する等の注意が必要です。ヤスデは餌となる落ち葉や廃材のある日当たりの悪い湿度の高い場所を好み、そのような場所では何回でも異常発生を繰り返す傾向にあります。地域の住民の協力で、異常発生していない時期に地域全体の清掃活動を繰り返し行う等、ヤスデの住みにくい環境を整備していく必要があります。

写真8-12 ヤスデ返し


ヤスデは表面のツルツルした所は進めません。ロウ(蝋)テープやステンレス板を家屋の周りに張ることで侵入を防止できます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?