更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

健康にいい木の家

木の視覚効果

紫外線を吸収、赤外線を反射 オゾン層の破壊で紫外線が増大しています。木は人間に有害な波長の短い紫外線を吸収し、波長の長い赤外線を反射します。野外のデッキ等の木造施設には特に効果があります。

木の湿度調整効果

人間が快適さを感じる気候要素は、温度・風・湿度です。 木には湿度が高くなると湿気を吸収し、低くなると放湿するといった自動調整機能があるのです。

木の断熱効果

木は、パイプ状の細胞の集合体で、その細胞の中心は最も熱を伝えにくい空気が詰まっています。 この熱を伝えにくいという性質が、すぐには熱くならず、すぐには冷たくならないという木の温もりの秘密です。 だから木の家は外気温に影響されにくく、夏は涼しく、冬は暖かい環境を保つのです。

木の音響効果

適度な音の吸収と反響があるため、コンサートホール等に利用されます。木の活用により、理想の音響効果が可能となります。

木の殺菌作用

カーペットから木質フロアーやフローリングに変えてダニが減ったという事実があります。また、昔からその木の種類によって、抗菌、殺菌作用を持つことが確かめられています。さわやかな木の香りは、心を落ち着かせます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?