更新日:2020年5月11日

ここから本文です。

宅地防災月間

5月は「宅地防災月間」です

大規模な地震や梅雨時期,台風時の大雨により大規模盛土造成地など宅地が被災した場合,建物の被災だけでなく宅地に接する道をふさいでしまい,救助のための緊急車両の通行や復旧活動時の経路確保に支障が生じる場合があります。このため,宅地所有者自らが擁壁や地面にひび割れが生じていないか,宅地が沈下していないかなど,日頃から点検を行い宅地防災に備えることが大切です。広く県民に宅地防災の必要性の意識を高める啓発に取り組むため,毎年5月を宅地防災月間としています。

期間

5月1日から5月31日

取り組み内容

  • 宅地防災パトロールの実施

宅地造成工事箇所や大規模盛土造成地の防災点検を実施する。

  • 各種広報媒体による宅地防災の周知

県や市町村広報誌等による啓発,パンフレットの配布等による広報活動を行う。

↓パンフレット(県庁建築課又は市町村窓口にて配布)

宅地防災月間パンフ

宅地の点検について

ご家庭でも,宅地の点検をお願いします。

具体的には,次のような項目の点検が想定されます。

  • 擁壁やブロック塀に,ひび割れ・ずれ・ふくらみ・傾きが生じていないか
  • 宅地が沈下していないか
  • 排水溝が詰まっていないか
  • 近くのがけから湧水が見受けられないか,又はがけ面が湿っていないか

なお,点検方法については,国土交通省ホームページ「宅地防災に関するパンフレット等」(外部サイトへリンク)に掲載されていますので,ご参考ください。

大規模盛土造成地マップ

平成28年の熊本地震や東北地方太平洋沖地震などでは,大規模な盛土造成地で滑動崩落が発生し,宅地や公共施設等に大きな被害が発生しました。国土交通省都市局では,国の「大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン」に基づいて,大規模盛土造成地のおおむねの位置と規模を調査し,大規模盛土造成地マップを作成しました。大規模盛土造成地が身近に存在するかどうか知っていただくため,ご活用ください。

このマップについては,次の25市町においてそれぞれのホームページ上で公表しています(下記以外の18市町村は大規模盛土造成地はありません)。

鹿児島鹿屋市薩摩川内市霧島市枕崎市阿久根市出水市指宿市西之表市日置市曽於市いちき串木野市南さつま市志布志市奄美市南九州市伊佐市姶良市さつま町長島町湧水町大崎町屋久島町徳之島町伊仙町

注)このマップは,造成前と造成後の地形図などを重ね合わせることにより,大規模盛土造成地のおおむねの位置と規模を示したもので,マップの箇所が必ずしも危険というわけではありません。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

電話番号:099-286-3739

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?