更新日:2012年10月15日

ここから本文です。

幻想的な炎がゆらめく「山神の響炎」

日置市吹上町永吉地区の「山神の郷公園」周辺で,平成24年10月7日(日曜日)の夜に,「山神の響炎(やまんかんのきょうえん)」が開催されました。
このイベントは,地域や地元の和太鼓団体が,地域資源を活かした地域振興を行おうと取り組んだことがきっかけで,今年で10回目の開催になるとのことです。
山神の郷公園とその周辺の田園地帯一帯に,約1万本もの松明の炎がゆらめき,その幻想的な風景スペクタクルに,見に来られた大勢の方々からは驚きの声があがっていました。

H24山神の響炎1-1 H24山神の響炎1-2

地域ぐるみのイベント開催

このイベントは,永吉地区公民館と永吉地区の住民が,企画・立案から開催に至るまで地域の皆さんで行っており,話し合いや松明の製作を通じて,地域の一体化を図っているとのことです。

松明は空き缶と竹を利用して作られており,すべて手作りとのこと。約1万本もの松明の製作や設置は,さぞ大変だったことでしょう。
H24山神の響炎2-1 H24山神の響炎2-2 H24山神の響炎2-3

午後6時過ぎに,地域の方々の手で一斉に松明に火が灯されます。それまでは,のどかな田園風景だった一帯が,みるみるうちに炎で覆われていき,辺り一面見渡す限り松明の炎で覆いつくされます。
夕闇が深くなっていくにつれて,松明の炎が一段と輝き始め,幻想的な風景が広がります。
永吉川沿いにもたくさんの松明が設置され,川面に映る炎のゆらめきは,とても美しい風景でした。
H24山神の響炎3-1 H24山神の響炎3-2

H24山神の響炎3-3 H24山神の響炎3-4

H24山神の響炎3

音と炎の響炎(競演)

会場に設けられたステージ上では,太鼓の演奏などのステージイベントが繰り広げられ,ステージ前は大勢の見物の方々で賑います。
太鼓の響きとともに,色とりどりのライトが当てられ,花火が打ち上げられる演出もあるなど,観覧された方々からは音と炎の競演に歓声があがっていました。
H24山神の響炎4-1 H24山神の響炎4-2

永吉地区の方々のこのイベントに対する思いが伝わってくるような,本当にすばらしいイベントでした。今後もぜひ地域ぐるみで,このすばらしいイベントを続けていただきたいと思います。

この「山神の響炎」は,毎年10月上旬に開催されているということですので,皆様もぜひ参加してください。感動すること間違いなしです。

節目の第10回開催に対して,鹿児島地域振興局の「地域振興推進事業(地域活性化イベント等支援事業)」で助成しました。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?