ホーム > 地域振興局・支庁 > 鹿児島地域振興局 > 健康・福祉 > 肝臓週間における平日夜間肝炎ウイルス検査の実施について

更新日:2019年7月11日

ここから本文です。

肝臓週間における平日夜間肝炎ウイルス検査の実施について

ウイルス性肝炎について

肝炎とは,肝臓の細胞に炎症が起こり,肝細胞が壊される病態です。その原因には,ウイルス,アルコール,自己免疫等がありますが,日本においては,B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染による肝炎がその多くを占めています。

肝炎ウイルスに感染していても,検査をできるだけ早く受けて感染を知り,医療機関で適切な治療を受けることで肝硬変や肝がんといった深刻な症状に進行することを防ぐことができます。現在,ウイルス性肝炎は治る,もしくはコントロールできる病気になっています。ウイルス性肝炎についての正しい知識を得て,早期発見・早期治療に結びつけましょう。

7月22日(月曜日)から7月28日(日曜日)は肝臓週間です。

世界保健機関(WHO)は,世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者及び感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として,平成22年から7月28日を「世界肝炎デー」と決定しました。

また,厚生労働省は,平成24年から7月28日を「日本肝炎デー」と定め,7月28日を含む月曜日から日曜日までの1週間を「肝臓週間」とし,肝疾患について正しい知識の普及と予防の重要性の知識を高めることを目的に啓発活動に取り組んでいます。

本県では,県民の皆様に対し,肝炎の予防,病態及び治療について普及啓発するとともに,御自身の肝炎ウイルスの感染の有無を早期に確認していただくため,この「肝臓週間」に,県内各保健所で平日の夜間(鹿児島市保健所は平常どおり)に無料検査を実施します。

この機会に,1度検査を受けてみられませんか。

伊集院保健所における夜間検査について

伊集院保健所では,下記の日程で平日に夜間検査を実施します。

検査は,匿名,無料で受けられ,検査結果は,約1時間でわかります。あなたのプライバシーは保護されますので,安心して検査を受けられます。

対象者

以下の者を除く全ての希望者

  • 健康増進事業(旧老人保健事業)に基づく肝炎ウイルス検査(いわゆる「節目検診」「節目外検診」等により,過去に肝炎ウイルスに関する検査)を受けたことのある方
  • 医療保険各法その他の法令に基づく事業において検診を受ける機会のある方

検査項目

  • B型肝炎ウイルス検査(HBs抗原)
  • C型肝炎ウイルス検査(HCV抗体)

実施日

令和元年7月24日(水曜日)午後5時から午後7時まで(前日の7月23日午後5時までに予約が必要です。)

実施場所

伊集院保健所

日置市伊集院町下谷口1960-1

予約用電話099-273-2332

通常検査・相談

肝臓週間以外でも,保健所では平日8時30分から17時までウイルス性肝炎の相談・検査を実施しています。
事前に予約が必要です。お電話の際に,相談・検査日時を決定します。
詳細については,伊集院保健所にお問い合わせください。

お問い合わせ

鹿児島地域振興局保健福祉環境部(伊集院保健所)健康企画課疾病対策係

電話099-273-2332

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局保健福祉環境部健康企画課

電話番号:099-273-2332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?