更新日:2018年4月13日

ここから本文です。

麻しんの注意喚起

沖縄県における麻しんの発生について

縄県では、平成30年3月23日に、平成26年以来となる麻しん患者が発生して以降、4月8日までに、初発例を含めて34例の麻しん患者が確認されました。
れまでに確認されていた患者のうち1名が、発症日である3月26日(月曜日)の9時半から11時頃に、見送りのため、那覇空港を利用したことがわかりました。当該患者と接触した方が,麻しんを発症する可能性があるため,本県にも情報提供がありました。
在までに,本県での患者の届出はありませんが,今後,県内での患者発生も懸念されることから,以下について御承知おきいただくようお願いします。

経緯

3月14日
3月17日北から沖縄県へ移動。モノレール利用し,那覇市国際通り及び新都心観光。
3月18日ノレール,レンタカー利用。那覇市国際通り、糸満市西崎、北谷町美浜観光。
3月19日ンタカーを利用し,今帰仁村古宇利島、名護市内観光。発疹出現し,医療機関受診,入院。
3月23日者発生報告

感染経路と感染可能期間

しんは,飛沫感染接触感染空気感染により感染します。
症した人が周囲に感染させる期間は,症状が出現する1日前から解熱後3日後です。

潜伏期

染後,10~12日の潜伏期を経て,発症します。

麻しんの主な症状

染すると約10日後に発熱や咳,鼻水といった風邪のような症状が出現。2~3日熱が続いた後,39℃以上の高熱と発疹が出現します。
炎,中耳炎を合併しやすく,また,10万人に1人程度と頻度は高くないものの,麻しんウイルスに感染後,特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することがあります。

予防

しんに感染しないためには,予防接種が重要です。
しんんの定期予防接種の対象(第1期:1歳,第2期:小学校入学前)の方は,早めに予防接種(MRワクチン)を受けましょう。
期予防接種以降でも,以下に該当しない方は,MRワクチンを受けましょう。

  • 母子手帳などで麻しんワクチンを2回以上受けた記録がある
  • 過去に麻しんに罹ったことが確実である(検査で確認されたことがある)

医療機関の皆様へ

に,麻しん患者が最初に受診する可能性のある医療機関(内科,小児科,皮膚科,救急等)の皆様におかれては,発熱や発しんを呈する患者が受診した場合は,予防接種歴の確認など,麻しんの発生を意識した診察麻しんの感染力の強さに鑑みた院内感染対策を講じていただくようお願いします。また,麻しんと診断した場合は,当所へ直ちに電話連絡と届出をお願いします[伊集院保健所TEL(099)273-2332(閉庁時は,守衛が担当者へつなぎます)]。また,その際は,確認検査(RT-PCR)のための検体採取(咽頭ぬぐい液,末梢血,尿)に御協力をお願いします。

【国立国際医療研究センターから情報提供】

際感染症センターにある国際感染症対策室では、診療以外の部分、特に感染症の予防やアウロブレイクの早期探知からの介入や支援を行っていますが、外国人患者対応をしている国際診療部との連携で多言語資料を作成しています。
語,中国語,ベトナム語,ネパール語の資料を作成しました。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局保健福祉環境部健康企画課

電話番号:099-273-2332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?