更新日:2016年7月7日

ここから本文です。

熱中症を防ぎましょう

熱中症とは

高温・高熱にさらされたり,激しい運動などを行ったときなど体の中と外の“暑さ”によって引き起こされる様々な体の不調です。
脈が早くなる,手足のけいれん,めまいなどにはじまり,重症例では意識障害やショックなどがみられ,場合によっては死に至ることもあります。
子どもや高齢者については注意して見守るようにしましょう。
高血圧,心臓病,糖尿病などの病気のある人や体調がよくないときなどは,特に注意が必要です。
 

熱中症の起こりやすい時期

熱中症の発生は,例年,梅雨入り前の5月頃から報告がみられ,梅雨明けの7月中旬から8月上旬に多発する傾向があります。なかでも,急に気温が上がった場合や梅雨明けしたばかりの身体が暑さに慣れていない時や高温,多湿,日差しが強い時などに起こりやすいといわれています。

 

気象庁のホームページ(外部サイトへリンク)で確認できる「高温注意情報」,「高温に関する気象情報」や環境省の「熱中症予防情報サイト(外部サイトへリンク)」((外部サイトへリンク)暑さ指数:WBGTの速報・予報含む)等を参考にしてください。
 

予防対策

 

  • 熱中症予防5つの声かけ

 

温度に気を配ろう・飲み物を持ち歩こう・休息をとろう・栄養をとろう・声をかけ合おう

 

  • 暑い中での無理な運動はさける。
  • 水分を十分に補給する(就寝前を含めてこまめに)。
  • スポーツや作業など大量に発汗する時は,スポーツドリンクや多少塩分の含まれた水分の補給に努める。
  • 通気性のよい服装にする。
  • 帽子,日傘などで頭部を保護する。
  • 体調を整える(食事のバランス,十分な睡眠,アルコールの飲み過ぎを避ける,エアコンの設定温度はできるだけ高めにして身体が暑さに慣れるようにしておく)。

応急処置

  • 風通しのよい涼しい場所に運び,衣服をゆるめて寝かせる。
  • 冷たいタオル,うちわや扇風機などで体を冷やす。
  • 自分で飲めるようであれば,水分や塩分を補給する(スポーツドリンクなどが適している)。
  • 症状が改善しないときには,すみやかに医療機関を受診する。

熱中症予防対処法1熱中症予防対処法2

熱中症~ご存じですか?予防・対処法~(PDF:836KB)

熱中症予防のために

熱中症予防のために(PDF:151KB)

熱中症高齢者1熱中症高齢者2

熱中症~思い当たることはありませんか?~(高齢者)(PDF:1,019KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局保健福祉環境部健康企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?