ホーム > 社会基盤 > 港湾・空港 > 県内の港湾 > 鹿児島港 > 本港区 > 鹿児島港本港区ウォーターフロント・サイン整備について

更新日:2010年8月18日

ここから本文です。

鹿児島港本港区ウォーターフロント・サイン整備について

事業目的

 鹿児島本港区ウォーターフロント及び周辺観光地の案内を行い,離島航路利用者, 一般県民,観光客等が目的地にスムーズに移動できるようにサイン整備をおこない, 利便性の向上とウォーターフロントの憩いの場としての利用促進を図ります。

実施状況

ウォーターフロント案内板(サイズ1150×2400)

 鹿児島本港区ウォーターフロントを訪れる離島航路利用者や一般県民,観光客等が目的の施設や観光地にスムーズに移動ができるようにウォーターフロント案内と周辺の主な観光地を入れた案内板を設置しました。この案内板はイラスト,写真を使って,わかりやすく親しみがもてるように工夫しています。
 
  設置場所4カ所    ・NHK前
                 ・湾岸交番横
                 ・ウォーターフロントパーク中央
                 ・県営第6駐車場前
 
 
ウォーターフロント案内板

文化財案内板(サイズ1250×2000)

 平成19年12月に国の重要文化財に指定された鹿児島旧港の新波止場,一丁台場,遮断防波堤が江戸時代末期から明治時代に作られた歴史的に貴重な鹿児島港の土木遺産であることの説明,重要文化財指定の概要や鹿児島港の歴史等を紹介する案内板を設置しました。
 この案内板では江戸時代の鹿児島の城下絵図をはじめ,文化財写真と鹿児島港の移り変わりを紹介する写真等を見ることができます。
 
  設置場所1カ所  ・新波止人道橋前
文化財案内板
 
 《設置完了日》 平成21年3月10日

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局建設部建設総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?