更新日:2017年12月12日

ここから本文です。

天璋院(篤姫)・今和泉島津家別邸跡

ここでは,南薩地域の西郷どん関連情報を紹介します。
2008年に大河ドラマの主人公となった天璋院(篤姫)と今和泉島津家の初代島津忠郷が建てた別邸について紹介します。

 

天璋院(篤姫)

篤姫

保6(1835)年に今和泉島津家に生まれる。

永6(1853)年に藩主島津斉彬の養女となり,その後13代将軍徳川家定の御台所となる。

西郷は,その婚礼の際の嫁入り道具を揃える役割を担ったという話がある。

た,次期将軍の継嗣に一橋慶喜を推挙していた島津斉彬の命を篤姫付き女中頭の幾島に伝達したのも西郷である。

応4(1868)年には,江戸城総攻撃を前にした西郷にあてて徳川家存続の嘆願書を送っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今和泉島津家別邸跡

 

今和泉島津家別邸跡篤姫の実家・今和泉家の領地は今和泉郷(現指宿市)にあり,現在の今和泉小学校の敷地に別邸があった。観音崎から南にかけての海岸には,今も松の大木を見ることができるが,特に今和泉小学校付近のものは隼人松原の名で知られている。

・所在地:指宿市岩本

・アクセス:JR薩摩今和泉駅から徒歩約10分

・駐車場:あり

 

 

 

 

 

 

 

 

「西郷どん案内帖鹿児島と西郷隆盛を読み解くGUIDEBOOK」より抜粋

西郷どん案内帖鹿児島と西郷隆盛を読み解くGUIDEBOOK(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

南薩地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0993-52-1307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?