ホーム > 地域振興局・支庁 > 南薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 令和2年9月南薩地域の現地農業情報

更新日:2020年10月22日

ここから本文です。

令和2年9月南薩地域の現地農業情報

枕崎市,南さつま市,南九州市

有機農業勉強会

有機農業に取り組む生産者の自主的な勉強会が,9月17日に南さつま市で開催されました。この日は若手農業者3名と,県OBで露地野菜栽培に取り組む白澤氏,市,振興局の6名が参加しました。会員の機械倉庫に集まった生産者は,堆肥に関する情報交換の後,農業機械のメンテナンスについて実技研修しました。グループは今後も活動を続け,年内に会員のほ場での現地検討会を開催する予定です。農政普及課としては活動の方向性を見守りながら,支援対象への誘導を図っていきたいです。

有機農業研修会

写真_1有機農業勉強会の様子

 

農業法人化研修及び経営相談会

9月1日,南九州市で法人志向農家等を対象に研修会を開催し13名が参加しました。午前は県農業経営スペシャリスト(社会保険労務士)による相談会,午後は「雇用者が安心して働くことのできる環境づくり」をテーマに(有)k製茶の取組み紹介であり,「参加者からは実例でとても参考になった」,「法人を目指そう」などの声もありました。今後も引き続き,支援をしていく計画です。

農業法人研修会
写真_2農業法人化研修会の様子

 

KEファーマーズ花いっぱい運動と秋整枝講習会

農業青年クラブKEファーマーズは,9月16日に南九州市頴娃地区の幼稚園や保育園9ヶ所を訪問し,花の苗とお茶を贈呈しました。今年はコロナの影響により,園児と一緒に苗の植え付けができず残念でした。また,9月23日,一番茶の収益を高めるための秋整枝講習会を開催しました。クラブ員のほ場を巡回し,秋整枝方法や病害虫対策,茶園の観察方法など,お互いに知識と知恵を出し合って理解を深めました。今後もクラブ員の技術習得と所得向上につながるよう支援していきます。

花いっぱい運動 秋整枝講習会

写真_3花いっぱい運動の様子

写真_4秋整枝講習会

 

指宿市

指宿市でミカンコミバエ誘殺相次ぐ

指宿市では7月27日以降ミカンコミバエ種群が市内全域で誘殺が続いており,9月15日までに雄成虫10頭が誘殺されました。新たな誘殺があるごとに植物防疫所,鹿児島県,指宿市,JAいぶすきの職員により寄主果実調査,テックス板設置による雄成虫防除を実施しています。また,トラップを増設し定期的な調査を実施しています。今後,好適な寄主植物であるバンジロウが熟期を迎えることから警戒を強めていきたいです。

農産物の輸出を見据えて

農業経営者クラブいぶすき支部では8月27日に,鹿児島相互信用金庫海外・貿易相談所の村田秀博所長を講師にクラブ員11名,関係機関職員10名が出席し,「海外ビジネスの展開のポイント」と題して研修会を開催しました。県内の企業が中国,香港など東南アジアにおいて展開しているビジネス事例や輸出する際の注意事項,中国で第三者による悪意の商標登録を取り返した事例等が紹介されました。この研修を機会に,輸出に取り組むクラブ員が増えることを期待したいです。

 

ファームコネクト指宿がコロナ禍で活動を見直し

女性農業経営士で構成されているファームコネクト指宿では,これまでに役員会,定例会を開催し,コロナ禍での活動について検討を重ねてきました。今年度の主な活動である,かごっまふるさと屋台村での農産物フェアや若手女性農業者との交流会,先進地研修については,新型コロナウイルス感染防止対策のため中止が決定しました。今後は,個々が女性農業経営士としての活動の充実を図りながら,次年度活動に向けて検討を行っていく計画です。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

南薩地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?