ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(川内地域)12月

更新日:2021年1月22日

ここから本文です。

現地農業情報(川内地域)12月

露地野菜部門の青年農業者,部門別研修会で新省力化技術を紹介!

12月4日,川薩地区指導農業士会による露地野菜部門研修が開催され,青年農業者11名,指導農業士3名など25名が参加しました。室内研修では,3種類のらっきょう真空フライ試作品アンケートを行いました。現地研修では,らっきょう作畝機や調整機,ホース付きドローン,アシストスーツ等の様々な省力化技術を紹介しました。指導農業士からは「省力化対策をはじめ,いろんなことに挑戦しており,創意工夫に関心した。多様なネットワークを活かしてほしい。」と評価及び助言がありました。

下甑で鹿児島県農山漁村女性活動功労者表彰式行う。

12月8日,薩摩川内市下甑支所にて,支所職員や生活研究グループ員ら約25名が見守るなか,鹿児島県農山漁村女性活動功労者表彰式が行われました。表彰者は,長年にわたり,下甑支部の生活研究グループ会長として食育・地産地消の実践活動に携わってきた功績が認められ表彰されました。下甑での同功労者の表彰者は初めてです。当日は,祁答院支部のグループ員と加工活動の情報交換も行い,活動を振り返るとともに今後の活動について活発に意見交換がなされました。

若い女性農業者よ。この指止まれ!

12月15日,30歳代の女性農業者を対象とした若手女性農業者研修会を茶寮ささのにて実施し,5名が参加しました。女性農業経営士の笹野千津子氏から6次産業化への取組について,農政普及課からは,簿記記帳や営農生活設計の作成の重要性,家族経営協定の必要性について説明しました。初対面の参加者同士であったが,自己紹介や菊玉づくりのワークショップを通して会話が弾み,次回を期待する声も出されました。今後も仲間づくりや資質向上となる研修会を実施していきます。

家族みんなで美味しいいちごづくり~家族経営協定締結~

12月16日,薩摩川内市祁答院支所にて,いちご農家1組の家族経営協定の調印式が行われました。締結農家は,就農7年目で今年度認定農業者になりました。家族も増え,家族との時間を大切にしながら,現在抱えている課題の解決に向け新しい技術も積極的に導入して経営改善・発展に努めたいと夫婦で家族経営協定を結びました。調印式では,決意も新たに家族で美味しいいちごを作っていきたいと,抱負を述べ,関係者からは,関係機関も応援している,頑張ってとエールが送られました。

「人・農地プランの実質化に関する話合い活動」が薩摩川内市各地区でスタート!!

11月27日の城上地区を皮切りに,人・農地プランの実質化に向けた話合いが始まりました。薩摩川内市には27地区のプランがあり,1月までに全地区で実施予定です。12月までに話合いを実施した15地区では「担い手がいないので用排水管理や畦草管理が大変になっている」「鳥獣害がひどい」「基盤整備のできていない狭農地などは借りる人がいない,農業機械も入らない」など共通した課題があります。農政普及課はアドバイザーとして各地区の話合いに参加しています。

可給態窒素等の分析データを利用したほおずきの施肥指導を実施

11月27日,薩摩川内市入来支所において,薩摩川内市ほおずき部会員13名を対象に個別施肥指導及び土づくり研修会を開催しました。今回は可給態窒素を分析項目に加えたため,より的確な施肥設計を提供することができ,生産者の反応も好評でした。今後は,次期作の定植が2月上旬頃から始まるため,施肥,定植準備等の指導を実施していく予定です。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0996-25-5533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?