ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(出水地域)6月

更新日:2021年7月1日

ここから本文です。

現地農業情報(出水地域)6月

子牛セリ市時に農作業安全啓発活動を実施

6月2日に出水中央家畜市場にて子牛セリ市が開催された。肉用牛振興協議会出水支部では,セリ前の生産者研修を開催しているが,最近は,新型コロナウイルス蔓延防止の観点から,集合研修とせず,研修資料の配布を行っている。出水地域で農作業事故が多発していることから,今回は,刈払機やトラクター等の農業機械の使用に伴う農作業事故の発生防止にむけた注意喚起を行った。

サツマイモ生産者,基腐病について学ぶ

6月2日に,出水市野田,阿久根市脇本において,生産者等40人参加のもと,基腐病対策の研修会を行った。出水地区での基腐病の発生状況の他,これからの防除等についての研修を行うとともに,ドローンによる農薬散布の実演も行った。生産者からは,発病したほ場の対策やドローンでの散布料金等の質問があり,関心が高かった。

 

研修会の様子(さつまいも)

ばれいしょ生産者の土壌診断による施肥改善意識が高まる

令和3年度の早春作ばれいしょ栽培に向け,3月22日に長島町技連農産・流通部会で土壌診断の啓発等を検討し,5月14日~31日にかけて,町の全員回覧,公民館放送,土壌の収集等を実施した。土壌診断依頼は,60人から124ほ場分あり,令和2年度の51人・95ほ場分から増加した。前作の早春作で生育不良であったほ場の依頼をする生産者が増える等,土壌診断に対する意識が高くなった。今後は,土壌診断結果をもとに個別面談し,施肥改善を図ることとしている。

中晩柑管理講習会で発生予察と農業機械安全の啓発を行う

6月15日~17日にかけて,出水管内において露地中晩柑の摘果管理講習会が行われ,生産者や関係機関等計104人が出席した。今年は開花期が長期化し,加えて梅雨の前進化を受け,農政普及課からは病害虫の発生予察を元にした防除に努めるよう促した。また,今月出水市で発生した農業機械事故を受けて,安全啓発のパンフレットを配布し,注意喚起を行った。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課出水市駐在

電話番号:0996-63-3115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?