ホーム > 地域振興局・支庁 > 姶良・伊佐地域振興局 > 地域情報・観光情報 > 共生・協働 > 共生・協働ほっと通信 > 共生・協働ほっと通信~金剛寺招魂社保存会(霧島市)

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

共生・協働ほっと通信~金剛寺招魂社保存会(霧島市)

姶良・伊佐地域には,共生・協働の地域社会づくりに取り組まれている地域コミュニティやNPO法人やボランティア団体等があります。

今回は,霧島市の特定非営利活動法人「金剛寺招魂社保存会」を紹介します。

 

金剛寺招魂社保存会(霧島市)

〈取材日:平成29年3月14日〉

活動されている方

金剛寺招魂社保存会は,霧島市のNPO法人です。

理事の松元政和さんにお話を伺いました。

法人の設立目的をお聞かせください

この法人は,戦争における戦没者の英霊を慰め,招魂碑並びに真応上人廟等の由来を顕彰し,これを後世に伝授する活動を行うとともに青少年健全育成に関する事業や六月燈等の開催・運営に関する事業を行い,公益の増進に寄与することを目的に,平成24年に,NPO法人の認証を受けました。

どのような活動をしていますか?

主に,金剛寺跡の敷地の管理・清掃活動や青少年の健全育成活動や竹灯籠祭りを行っています。

金剛寺跡とは,1604年に島津義久公が祈願所として建てた寺があったところです。廃仏毀釈で建物は残っていませんが,敷地内には,島津義久公の供養塔,真応上人の入定石室,西南の役,日清戦争,日露戦争の慰霊碑等があります。

全景

石室

墓

 

竹灯籠祭りはどのようなお祭りですか?

竹灯籠祭りは,地元の自治公民館や地域老人会のほか金剛寺と関わりがある団体で実行委員会を作り,平成27年に第1回を開催しました。

第2回は,平成28年10月15,16日に開催し,竹灯籠を約2300個,ペットボトルの灯籠を約400個,つり灯籠100個,LED灯籠200個を金剛寺跡地と周辺に飾りました。

16日には,平山やまびこ太鼓による演奏に始まり,ストリートダンスやフラダンス,薩摩琵琶,青葉の笛などの演奏も行われました。

 

竹の切り出し

子どもと作業

灯籠並べ

灯籠円形

色紙灯籠

 

 

ドット灯籠

灯籠花

バラ灯籠

蝶

 

 

 

竹灯籠祭りを開催するために,南さつま市金峰町の大坂地区に何度も研修に行かれたとのことでした。材料の準備や資金集めなど祭りを開催するまでにはいろいろな御苦労があったようですが,「竹灯籠祭りを行うことによって元気な地域にしたい。次回は開催場所も拡大したい」と,地域の活性化のために一生懸命取り組まれていました。

所在地

霧島市国分中央一丁目24番24号

NPO法人認証年月日

平成24年11月

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0995-63-8206

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?