ホーム > 地域振興局・支庁 > 姶良・伊佐地域振興局 > 地域情報・観光情報 > 観光情報 > 「島津義弘ゆかりの地めぐり 薩摩街道・大口筋」2015

更新日:2016年3月29日

ここから本文です。

「島津義弘ゆかりの地めぐり 薩摩街道・大口筋」2015

昔々,まだ鹿児島県が薩摩と呼ばれていた時代の話。

薩摩では,「街道=道」のことを「筋」と呼んでいました。

鶴丸城(現在は県立図書館)を起点として他の藩や江戸に向かうための道,また麓と呼ばれる集落同士を結ぶ道として整備され,歴史とともに変遷しながら長い間多くの人たちが利用していました。

薩摩藩の主要街道は3つ。

出水を通る「出水筋」,福山や財部を通って日向(現在の宮崎県)に向かう「高岡(日向)筋」,そして,現在の姶良市,霧島市,湧水町,伊佐市を通って肥後(現在の熊本県)につながる「大口筋」がありました。

今回は,姶良・伊佐地域を通っていた「大口筋」を御紹介するパンフレットを作成しましたので御案内します。

パンフレットについて

今回作成したパンフレットの表紙を飾るのは,当時の様子を残し,杉木立と木漏れ日,苔むした石畳が印象的な龍門司坂です。

形式は折りたたんで使用するタイプを採用しています。

広げた大きさはA2サイズで,両面に大口筋に関係する情報を大きく分けて3つ掲載しています。

まず1つめは,大口筋の全体地図を掲載してあります。

大口筋はさまざまなルートが推測されますが,今回は「1994年3月歴史の道調査報告書第二集大口筋・加久藤筋・日向筋」を参考に,各市町教育委員会の御協力のもと推測された1つのルートを紹介しています。

2つめは,史跡の紹介です。

大口筋周辺の史跡や姶良・伊佐地域にゆかりある島津義弘公に関連のある史跡等を写真や説明文とともに御覧いただけます。

3つめは,姶良・伊佐地域の観光地を紹介をしています。

このほかに,史跡や周辺の観光地を案内する「観光ボランティアガイド情報」も掲載してあります。

現在の大口筋について

大口筋が利用されていた時代には,茶屋や関所等がありましたが,明治以降その役割を果たさなくなったことで廃止されたり,撤去されたりしたものが多くあります。

また,現在の姶良・伊佐地域を通る道は整備され,多くの自動車が行き交い,当時の面影を残すものは多くはありません。

しかし,確かに「大口筋」は存在し,数百年前の私たちのご先祖様は,着物を身につけ,馬や籠を使って,険しい山道や道なき道を通っていました。

そこに住んでいた人たちの歴史や想いを普段は気にしない史跡や目立たない石碑等が教えてくれます。

パンフレット内で御紹介していますので,ぜひ御覧ください。

パンフレット:島津義弘ゆかりの地めぐり薩摩街道・大口筋(表面)(PDF:2,678KB)

パンフレット:島津義弘ゆかりの地めぐり薩摩街道・大口筋(裏面)(PDF:3,348KB)

配布場所

「島津義弘ゆかりの地めぐり薩摩街道・大口筋」は,下記の場所で配布しています。

近くにない場合は,お問い合せください。

姶良・伊佐地域振興局総務企画部総務企画課(電話:0995-63-8206)
霧島市商工観光部観光課(電話:0995-45-5111)
伊佐市伊佐PR課(電話:0995-29-4113)
姶良市企画部商工観光課(電話:0995-66-3111)
湧水町商工観光課(電話:0995-74-3111)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0995-63-8206

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?