ホーム > 地域振興局・支庁 > 姶良・伊佐地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 姶良・伊佐地域の現地情報:R元年7月の「農業ミニ情報」

更新日:2019年8月19日

ここから本文です。

姶良・伊佐地域の現地情報:R元年7月の「農業ミニ情報」

新規就農者励ましの会

7月17日,振興局にて令和元年度新規就農者励ましの会を開催したところ,新規就農者12名のうち7名が出席し,指導農業士,青年農業者,関係機関等総勢52名が門出を賑やかに祝いました。引き続き開催した現地就農トレーナー研修・青年農業者全体研修会では,プロジェクト活動の意義や講座制研修,青年農業士認定制度等の理解を図りました。また,研修後の情報交換会では相互に交流を深め,新規就農者は今後の営農に期待を膨らませていました。

 新規就農励ましの会

熊本にてナシ・ブドウの先進事例を学ぶ

7月16日,熊本県宇城市にてナシ・ブドウの先進事例を,管内生産者21人とともに調査しました。農業研究センター果樹研究所ではナシ「あきづき」の新梢管理やニセナシサビダニの防除方法を,ブドウ生産者のほ場では「シャインマスカット」と種なし「巨峰」の栽培管理を学びました。また,周辺の物産館にて,現在のブドウの価格帯や包装資材を確認し,8月から本格化する販売への参考としました。

ナシ先進事例1ナシ先進事例2

霧島市にてナシ・ブドウの県域研修を開催

7月18日,霧島市国分にて,県域のナシ・ブドウの栽培研修会が開催され,生産者や関係機関など約70人の参加がありました。ほ場ではナシのジョイント栽培や苗木の育成方法,ブドウの着色管理等を生産者が説明し,室内ではスマート農業の紹介や園芸振興協議会支部活動などの説明がありました。生産者からは改植事業への要望や着色促進の技術開発など,多様な意見が出されました。

落葉果樹研修1落葉果樹研修2

第48回酪農青年女性酪農発表大会

7月11~12日,城山ホテル鹿児島にて,第48回全国酪農青年女性酪農発表大会が開催され,全国各地から農家や関係者等約550人の参加がありました。当大会の経営発表の部で,振興局で支援してきた九州代表の霧島第一牧場(霧島市牧園町)の池田雄太氏が,最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞しました。

全国酪農発表大会

大口東小学校の児童が伊佐市の畜産を学ぶ(伊佐市駐在)

6月18日,振興局が大口東小学校5年生14名を対象に伊佐市の畜産について出前事業を行いました。鹿児島県や伊佐市の畜産の概要や肉用牛の飼養方法,農畜産物が消費者に届くまでの経緯について講話を行いました。同校では親が農業を行っている生徒も多く,身近なこととして熱心に授業を受けていました。

大口東小学校

集落営農法人,菓子製造会社と田植え交流(伊佐市駐在)

6月26日,伊佐市菱刈市山で,(農)下市山と鹿児島市の菓子製造会社との田植交流会が関係者約40名の参加の下,開催されました。(農)下市山ではKーGAP認証を取得した加工用米を栽培しており,かるかん等の原料として供給しています。需要の高まりから,昨年の約5haから約6.5haへ拡大しました。参加者は泥だらけになりながら田植機と手植えによる田植えを体験しました。

田植え交流1田植え交流2

農業経営者クラブ県域女性研修を開催(伊佐市駐在)

7月11~12日,伊佐市で農業経営者クラブ県域女性研修が開催されました。クラブ員等60名が参加し,(株)沖田黒豚牧場の放牧場・レストラン,大口酒造など,伊佐市の農業や6次化等について視察・研修を行いました。途中から副知事や農政部長も合流し,情報交換会では伊佐市の小中高校生からなる「チームちむどん」の演舞や伊佐のクラブ員が生産した農畜産物等の抽選会も行われ,相互の交流を深める有意義な研修となりました。

女性研修(沖田黒豚)女性研修(ちむどん)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0995-63-8219

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?