ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成28年1月の現地農業情報(肝属地域)

更新日:2016年1月29日

ここから本文です。

平成28年1月の現地農業情報(肝属地域)

産地拡大!大隅ごぼう団地「新ごぼう出発式」

1月14日に,生産者代表や関係機関など40名が出席し,大隅ごぼう団地新ごぼう出荷式が開催されました。大隅地域の新ごぼうは,ここ数年面積が増加しており,今年は約80ha(前年対比130%)の面積で691tの出荷を計画しています。出荷式では,市場の販売決意表明や関係者によるテープカットがあり,高値で販売されるよう出荷の門出を祝いました。

普及活動成果発表会における普及活動の評価高まる!

1月21日,ホテルさつき苑においてH27年度普及指導活動成果発表会(外部評価会も兼ねて実施)を開催しました。関係機関に加え,普及協力組織の代表や生産組織の代表等75名が出席しました。普及手法評価では,(1)経営戦略の樹立と実践支援による農業経営者の育成への支援(2)ばれいしょそうか病対策の取り組み(3)田代茶復活に向けた取り組み(4)肉用牛若手農業者への支援(5)施設果樹における天敵利用技術の実証と普及の取り組みで発表し,参加者と活発な意見交換がなされるとともに高い評価を受けました。

子牛セリ市で「適正出荷について」学習会を開催

1月18~20日の子牛セリ市で,子牛の適正出荷についての学習会を開催し,延べ193人の生産者が参加しました。
学習会では,適正出荷によるメリットや飼料費削減の試算を,肝属地域のセリ出荷成績を交え説明しました。また,改訂された子牛育成飼料給与マニュアルを使い,適正出荷が可能な子牛作りについても学習しました。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?