ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成28年9月の現地農業情報(肝属地域)

更新日:2016年11月11日

ここから本文です。

平成28年9月の現地農業情報(肝属地域)

露地野菜農家と合同でロールカーの操作方法について研修~肝属中部地区散水器具実演会・操作説明会~

8月26日,鹿屋市吾平町角野地区において,走行式散水器具(ロールカー)を導入もしくは導入を希望する露地野菜農家等14名参加のもと,散水器具メーカー担当者を直接現地に招き,散水器具実演会・操作説明会が開催されました。当日は農家自らがロールカーを操作して,走行速度や散水方向等の調整など操作方法を研修しました。ロールカーは,ほ場に設置すると自動で散水・停止することから,その分の労働時間を別作業に充てられるとの意見も出され,参加者からも好評でした。

肝属地区農業青年クラブ連協・リーダー研修会&交換大会を開催!

9月6日,肝属地区農業青年クラブ員等19人,関係者20人が出席し,先進事例研修と交流会を行いました。研修は今年で3年目で,各単協が順番に企画しており,今回は,地区クラブ員(翔南倶楽部)のプロジェクト発表のほか,指導農業士の農業経営の歩みと経営改善の取組について研修しました。部門の異なる農家の経営改善の取組などの情報交換の場となっており,クラブ員からも好評でクラブ員の資質向上にもつながっています。また,その後の交換大会では,有意義な情報交換と交流が行われました。次年度以降も継続的に実施する計画です。

鹿児島県茶品評会深蒸し部門で農林水産大臣賞と産地賞を獲得

8月31日から9月1日に県茶市場で鹿児島県茶品評会が行われ,肝属地区は普通煎茶部門と深蒸し煎茶部門に鹿屋市52点,錦江町23点を出品しました。審査結果は深蒸し煎茶部門の農林水産大臣賞に岩元園(鹿屋市)が,同部門の産地賞を錦江町が受賞と肝属地区でダブル受賞を果たしました。錦江町は産地の特徴である鮮やかな外観と濃厚な内質が評価され,出品者全員が三等以上を受賞する結果となりました。来年度は肝属地区で県茶業振興大会が開催されることから,上位入賞を目標に更なる良質茶産地の育成を支援します。

新ごぼう現地検討会開催

8月30日,JA肝付吾平町ごぼう部会で新ごぼう現地検討会が開催され,生産者10名の参加がありました。農政普及課から,今後の栽培管理について指導するとともに,2実証ほ(裸地栽培,畑かんの水利用効果について)を紹介しました。参加者からは,実証農家の感想や作業内容に関する質問が多数だされ,有意義な検討会となりました。

暖冬による早期抽苔を回避したリーフレタス栽培に取り組む

8月26日,JAきもつき高山野菜部会では,リーフレタスの栽培講習会を開催しました。昨年暖冬による早期抽苔から,販売に苦慮したことから,今期は栽培基準を見直し,リスク回避のために作型を分散するとともに,適期播種の徹底を図ることとしました。

飼料作物の優良品種について学習会を開催!

9月14~16日に開催された子牛セリ市において,飼料作物(特にイタリアンライグラス)の優良品種についての学習会を開催しました。学習会では,優良品種の特徴や必要性を説明するとともに,慣行品種と収量を比較すると,優良品種が3割増収したことを紹介しました。
学習会には延べ180名が参加し,参加者は優良品種や実証結果に非常に興味を持ち,飼料作物の作付体系などに関する質問などが多数ありました。

肝属秋季畜産共進会が開催!

9月9日,肝属中央家畜市場において肝属秋季畜産共進会が開催されました。各地区から選抜された雌牛106頭が出品され,県内有数の肉用牛生産地としてのレベルの高さを感じる大会でした。当共進会で勝ち上がった雌牛計10頭が,肝属代表として10月1日に開催される鹿児島県秋季畜産共進会に出品されます。

なんぐう地区合同のモデル農家巡回指導開催!

9月12日,錦江町大根占,錦江町田代,南大隅町根占のモデル生産牛飼養農家3戸に対して,各地区の町・農協の畜産担当者,及び農政普及課,合計9名で発育調査や給与改善指導等を合同で行いました。いずれも地域の中核的な肉用牛農家であり,今後,定期的に巡回を行い,課題解決や技術改善に取り組み,得られた成果を地域に普及する予定です。

東串良町露地野菜振興会総会の開催

9月13日,東串良町内に居住する大規模露地野菜農家及び農業法人など13戸で構成する振興会の総会が開催されました。振興会ではこれまで水田の高度利用の検討や先進地研修等を実施しています。今年度は新たに,自分たちで栽培した野菜類を町内小学校に提供することとしています。

きゅうり栽培講習会の開催

8月29日,鹿児島きもつき農協東串良支所会議室にて,東串良町園芸振興会きゅうり部員を対象に栽培講習会を開催しました。部員,関係機関・メーカー担当者など60名の参加がありました。メーカー2社から新品種等が紹介され,農政普及課からIPM実証ほの結果,うどんこ病対策,土作りの留意点,今後の実証展示計画等について説明しました。夫婦での参加者も多く,多くの質問も出され,活発な研修会となりました。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?