ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成28年11月の現地農業情報(肝属地域)

更新日:2017年1月26日

ここから本文です。

平成28年11月の現地農業情報(肝属地域)

鳴之尾牧場に新しい牛たちが仲間入り

11月8日,鹿屋市鳴之尾牧場で秋入牧式が行われ,6戸の酪農家が飼養する育成牛31頭が入牧しました。現在放牧されている頭数は,計106頭となりました。入牧式後,酪農家と関係機関で,発育・繁殖・疾病等の状況について検討を行いました。これらの改善を図り,預託農家数及び放牧頭数の更なる増加に取り組むこととしています。

畑かん推進員や認定農業者向けに畑かん営農推進活動を展開~肝付町畑かん営農実証検討会

11月7日,肝付町内の畑かん推進員や認定農業者など総勢22名出席のもと,畑かん営農実証検討会が開催されました。肝付町及び鹿屋市吾平町内に設置した畑かん実証ほ(新ごぼう,にんじん等)において,農政普及課及び各市町の畑かん営農部会担当から,実証内容についての現地説明や走行式散水器具(ロールカー)の実演及び操作説明を行いました。肝属中部地区では平成28年度末からの暫定水源による一部通水開始が予定されているなどの情報提供を行ったところ,早速,ロールカー購入が話題になるなど有意義な現地検討会となりました。

畑かん給水栓設置に向けて畑かん営農推進活動を展開~第七肝付地区事業説明会

11月7日~11日の昼夜5回に渡り,肝付町第七肝付地区において畑かん用の給水栓設置に係る事業説明会が開催されました。農政普及課から啓発用パンフレットを使って,畑かんを利用した儲け話やメリット,農地の資産価値向上などについて説明したところ,総出席者99名全員の理解が得られ,全員から給水栓設置の同意を得ることができました。

吾平町の秋サラダごぼう・新ごぼうについて生育調査を実施!

11月15日,JA肝付吾平町ごぼう部会が取り組んでいる秋サラダごぼうと新ごぼうの生育調査を全42ほ場において関係機関で実施しました。台風16号の影響による地上部の損傷や生育遅れと,それに伴った根部の伸長・肥大不足が懸念されましたが,通年より1週間ほどの生育遅れにとどまり,一部ほ場では例年と遜色ない生育状況でありました。農政普及課としては,今後も現地検討会や巡回を通じて支援を行っていきます。

子牛の防寒対策について学習会を開催!

11月15~17日に子牛セリ市前学習会で,「ほ乳期子牛の防寒対策」の説明を行いました。11月下旬~3月までの1日の平均気温が13度を下回る期間は防寒対策が重要である旨理解してもらうとともに,対策としては暖房器(ヒーター)や防寒服及びカーフハッチ等の利用があること,注意点としては畜舎内の換気には十分気をつけること等を説明しました。学習会には延べ160名が参加し,参加者からは「防寒服は暖かそうなので自分で作ってみたい」等の意見がありました。

鹿屋市で畑かん営農推進活動を展開~第一鹿屋地区事業説明会

11月4日~17日の昼夜11回に渡り,平成29年度より事業着工予定の「第一鹿屋地区」において受益農家向けの事業説明会が開催されました。農政普及課から,畑かんを利用した儲け話やメリット,農地の資産価値向上などについて説明を行いました。参加者からは,推進品目の選定や農業生産法人による賃貸借状況などについて質疑が出るなど活発な質疑応答が行われ,参加者全員からの施行同意を得ることができました。

そお太ピーマングループ研修会を開催

11月11日,そお太ピーマングループ18戸を対象に,出荷目揃え会や栽培技術等についての検討会を開催しました。曽於市末吉町の共同選果場では,実際の出荷物に混入していた曲がり果や傷果を取り出して今後の本格出荷を前に注意を促しました。また,曽於市大隅町のピーマンへの転換2年目のほ場で今後の栽培管理法や整枝・摘心等の実演指導を行うとともに,今年度新たに9戸が新規加入者だったため,出荷先や各種手数料,選果基準等について説明しました。参加者からは,多くの質問が出され,活発な研修会となりました。

東部指導農業士会,新規就農者巡回指導

11月17日,肝属東部管内に前年度就農した農家のうち巡回指導を希望した6戸を対象に,東部指導農業士会,女性農業経営士,JA,市町,振興局の担当者で戸別巡回指導を行いました。指導農業士や女性農業経営士の役割紹介のほか,新規就農者との意見交換では,日頃から疑問になっていることなど技術面だけでなく地域のことも含め多岐に渡る意見交換が行われました。新規就農者の評判もよく,今後も継続していきたいと考えています。

県大会制覇をめざせ!肝属地区農業青年会議が開催される

11月22日,鹿屋市において,肝属地区農業青年クラブ連絡協議会及び農政普及課の主催で肝属地区青年農業者会議を開催し,青年をはじめ指導農業士など59名の出席のもと,プロジェクト発表2課題,意見発表4課題の発表がありました。
地区代表として2名が選出され,2月に開催される県大会に向けて,さらにブラッシュアップした発表内容となるよう農政普及課としてもプロジェクト指導等を継続することとしています。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?