ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成28年2月の現地農業情報(肝属地域)

更新日:2016年3月11日

ここから本文です。

平成28年2月の現地農業情報(肝属地域)

県青年農業者会議(肝属地区開催)で,両部門で最優秀賞,優秀賞を受賞!

2月16~17日に開催された県青年農業者会議(リナシティーかのや)で,肝属農業青年クラブ連協の代表者が,意見発表の部で最優秀賞と優秀賞,プロジェクト発表の部で優秀賞を受賞しました。意見発表の部での最優秀受賞は今回で3連覇となりました。なお,次年度鹿児島県で開催される九州大会には,意見発表の部の最優秀受賞者とプロジェクト発表の部の優秀賞受賞者が出場することになりました。肝属地区では,ここ数年九州,全国大会への代表者選出が続いており,他のクラブ員へもいい刺激となっています。今後も継続して重点的に支援を行っていきます。

大隅の食材を使ったおもてなし料理もっとPRを!

2月2日,鹿屋市内のホテルにおいて,大隅の「おもてなし料理」求評会並びに「大隅地域の食材を活用した料理試食会」を開催し,併せて約140名が参加しました。地域振興推進事業を活用して実施したもので,地元をはじめ,大隅を訪れる観光客等に大隅地域の豊富な農林水産物を活用した料理等の飲食を通じて,交流人口の増加を目指す取り組みです。求評会で新たに開発されたおもてなし料理は今後,各店舗等でメニュー化されるとともに,パンフレット等にまとめ,「大隅の食」の情報発信を図る計画です。

若手女性農業者が郷土料理を学ぶ!

2月15日,うんめもんの会加工場において錦江町,南大隅町の若手女性農業者を対象とした「チャレンジセミナー」を開催し18名が参加しました。郷土料理の実習ではうんめもんの会よりけせん団子とこんにゃくの作り方を学びましたが,参加者の中には初めて体験する人もおり,質問が多く出されました。昼食は,温かいしし汁を頂き,今年度の反省を行いました。セミナーは年3回開催しており,地元の女性リーダーを活用した実習を盛り込んできました。参加者からは次年度も引き続き,実習や体験を含めた研修を企画してほしいとの要望が出されました。農政普及課では関係する町との連携や女性農業経営士等の協力を得ながらセミナーを実施していきます。

カラーピーマン2回目の収穫ピークが終わり,前年収量比100%,巻き返しに期待!

2月19日,カラーピーマン部会では毎月1回の現地検討会を開催しました。2回目の収穫ピークを終え,前年度並の収量となりました。現在,3月下旬に収穫を迎える幼果が多く,摘果,枝整理を行い,今後の整枝誘引,肥培管理に重点を置き,収量アップを目指します。

きもつき農業経営者塾塾生が経営戦略をプレゼン!

1月28日,「きもつき農業経営者塾」の最終講義と修了式が開催され,塾生4名が経営戦略を発表しました。最終講義は,株式会社オキスで現地研修を行い,乾燥野菜による6次産業化の取り組み経緯や今後の経営展開について講義を受けました。その後,大隅地域振興局で,塾生がそれぞれ経営戦略のプレゼンテーションを行い,塾で学んだことを活かし,経営戦略の実現に向けて行動することを宣言しました。大隅地域振興局では,塾生の実践に対して支援を継続することとしています。

鹿屋市銘茶研究会が女性グループと連携して商品開発!!

今年度,鹿屋市銘茶研究会が,地元女性グループ「ゴアンド」とコラボして茶の商品開発を行っています。毎月,両団体と関係機関を含めた意見交換会を行い,消費者目線,女性目線での「飲みたいお茶」を商品化するべく,中身やパッケージ,ネーミングなど検討を重ねてきました。今年の一番茶において,生産者の茶を用いて商品化する予定であり,農政普及課では,摘採・製造や仕上げなど技術支援を行っていきます。

管内繋養ヤング種雄牛産子肉牛枝肉共励会開催

2月24日,JA食肉かごしま鹿屋工場で第37回ヤング種雄牛産子とヤング母牛の枝肉共励会が開催されました。ヤング種雄牛4頭の産子19頭とヤング母牛の産子12頭の計31頭が出品されました。成績は,枝肉重量が雌439.4kg,去勢489.9kg,ロース芯面積60.6㎠,バラの厚さ8.0cm,BMSナンバーは3~12に分布し,平均で7.4でした。全体的に枝肉歩留まりは高く,肉質等級も4,5等級率87.1%と全国平均を上まっており,今後の管内和牛の更なる改良が期待されます。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?