ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成28年4月の現地農業情報(肝属地域)

更新日:2016年5月11日

ここから本文です。

平成28年4月の現地農業情報(肝属地域)

吾平町ごぼう部会員がヒョウタンゾウムシ対策について学ぶ!

4月7日,吾平町のごぼう農家を対象に夏サラダごぼう現地検討会を実施しました。当振興局からは,今後の生育管理についての指導及びごぼうの重要害虫であるヒョウタンゾウムシの発生生態と防除に関する情報提供を行いました。農家からヒョウタンゾウムシについての様々な質疑があり,防除に対する意識の高まりが感じられました。今後も,栽培管理や病害虫対策について引き続き支援を行う計画です。

肝属地区肉牛枝肉共励会が開催!

4月13日,(株)JA食肉かごしま鹿屋工場で,平成28年度第1回肝属地区肉牛枝肉共励会が開催され,めす2頭,去勢18頭の計20頭が出品されました。1席の血統は勝糸福-安福久-勝忠平で,枝肉重量531.5kg,ロース芯面積76㎠,バラの厚さ9.4cm,BMSナンバー12の総合等級A5と素晴らしい成績でした。全体的に枝肉重量があり,肉質も良好で,今後の「きもつき牛」の更なる成績向上が期待できます。

鳴之尾牧場に新たに46頭が入牧される

4月21日,鹿屋市の鳴之尾牧場で春の入牧式が実施され,11農家から46頭のホルスタイン育成牛が預けられました。当日はあいにくの荒天で,深い霧と風雨の中,農家及び鹿屋農業高校・関係機関が協力して牛の移動・注射・体側などを行いました。
入牧後は,鳴之尾牧場預かり牛の成育・授精・健康状態・ピロプラズマ病対策等について研修が行われました。

第9回鹿児島県果樹振興大会の準備会議開催

4月13日,JA鹿児島きもつき本所で関係機関やJAそお・きもつきの果樹部会役員が出席し,平成30年に開催される第9回果樹振興大会の第1回準備会議が開催されました。同大会は曽於・肝属地区合同で開催されることとなっており,今回は開催時期や開催場所が検討され,今後産地実行委員会を設立すること等を確認しました。

鹿屋市下堀町で畑かん営農推進活動を展開~モデル生産組合役員会~

4月15日に下堀地区畑かんモデル生産組合役員会が開催され,当振興局からは,畑かん営農啓発用パンフレットの配布や鹿屋市独自事業との連携状況の紹介,平成28年度末からの暫定通水に関する情報提供などを行いました。出席者から畑かん営農推進活動について様々な意見・要望等が出され,活発な情報交換の場となりました。

肝付町農業振興センター研修生,2年目のジャンボインゲン出荷始まる

4月25日,肝付町農業振興センターでは,研修生3名のジャンボインゲンの収穫が始まりました。農業振興センターで初めての現地検討となり,部会員の興味は高いものでした。先輩部会員から研修生に,収穫遅れがないように適期収穫を行い,選別に徹底して取り組むよう助言がありました。今後,当振興局では研修生への営農指導を行い,次年度の就農に向けて支援していきます。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?