ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 平成30年5月の現地農業情報(曽於地域)

更新日:2018年6月20日

ここから本文です。

平成30年5月の現地農業情報(曽於地域)

元気な農業青年が活動を開始!!

3月22日にOACクラブ(大崎町),4月11日に曽於市ヤングファーマーズクラブ,5月14日に志布志市ブルーファーマーズクラブの各総会が行われ,3単協が所属する曽於地区連協の総会は5月9日に行われました。いずれの総会も上程された議案は原案通り承認され,今年度のクラブ活動がスタートしました。クラブ員の加入・勇退はありましたが,曽於地区44名での活発な活動が期待されます。

元気な農業青年が活動を開始!!

 

 

 

ピーマン高単収を支える土壌が大切!

環境制御機器を導入して高単収を目指すピーマン生産者のほ場状況を把握するため,5月22日に志布志市の3名の生産者ほ場の土壌断面調査を行いました。調査は普及情報課の土壌肥料と野菜専指の指導のもと実施し,今年度新規採用職員2名,JA指導員と生産者自身も調査にあたりました。3名の生産者は部会トップクラスの高単収を上げており,いずれのほ場も地下部の状態は良好で根域は広く,高単収を支える要因としての地下部の姿が見られました。今後の産地全体の指導に生かしていきたいと思います。

ピーマン高単収を支える土壌が大切!

担当者研修でさらなる畑かん推進を頑張る!

5月9日畑地かんがい研修会を開催し,関係機関・団体等から36名が参加しました。室内研修では畑かんの基礎及び施設整備の進捗状況,普及計画の説明,畑かん展示室では散水器具の利用法を学び,現地では谷川内ダム及び管理等の見学,曽於市財部町ほ場では散水器具実演を行いました。例年畑かんセンターの新任職員のみを対象としていましたが,今年度は市町,JA,土地改良区等の担当及び新任職員に呼びかけて実施しました。畑かん営農推進に理解が深まり有意義な研修になりました。

担当者研修でさらなる畑かん推進を頑張る!担当者研修でさらなる畑かん推進を頑張る!

高品質の有機茶産地を目指して!!

5月23日に,志布志有機茶研究会員が,一堂に会し,今年度産有機茶の求評会を実施しました。当地では,てん茶生産も盛んになってきていることから出展の約三分の一はてん茶でした。まず,農業開発総合センタ―茶業部大隅分場長から,てん茶の審査方法を指導していただき,その後煎茶とてん茶を分けて会員それぞれに工夫した点を意見交換しながら審査を行いました。年々,有機茶としての品質が向上しているため,施肥履歴や各種分析等との相関を見ながら,更なる技術向上を支援します。

鹿児島県果樹振興大会開が盛大に催される!

5月17日大崎町中央公民館で生産者等340名が出席し,県果樹振興大会が開催されました。生産者団体表彰では,JAそお鹿児島果樹部会の熱帯果樹部会が表彰され,事例発表では,大崎町の吉原隆一氏が「魅力ある熱帯果樹への挑戦」と題して発表しました。翌日の視察研修では,約90名の視察者に対して,マンゴーやパッションフルーツ等の取組みを紹介しました。

鹿児島県果樹振興大会開が盛大に催される!

ソリダゴの新産地を目指す

5月30日,志布志市で昨年度から導入したソリダゴの栽培研修会が開催されました。昨年は実証農家1戸のみでしたが,今年度から曽於管内では新たに3戸がソリダゴの生産を開始しました。当日は生産者が4名参加し,関係機関も交え,切り前などの出荷調整作業を確認しました。ソリダゴ導入から1年が経ち,今後もさらなる規模拡大と栽培技術の向上を目指して支援を続けていきます。

上門地区が地域活性化を検討

5月22日,上門公民館において今年度初めての上門農用地利用改善組合運営委員会が,委員13名と関係機関,農地中間管理機構地域コーディネーターの出席のもと開催されました。当日は今年度の活動(案)が検討され,先進地視察研修等について計画されました。基盤整備事業が平成31年度着工予定のため,今年度も農地中間管理事業に取り組み,農地の集積を図り,地域営農のビジョンを作成し,地域の農業の活性化を検討する予定です。

 

上門地区が地域活性化を検討

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部曽於畑地かんがい農業推進センター

電話番号:099-482-1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?