ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 生涯学習 > 平成30年度第71回優良公民館表彰(文部科学大臣表彰)について

ここから本文です。

更新日:2018年10月26日

平成30年度第71回優良公民館表彰(文部科学大臣表彰)について

平成30年度第71回優良公民館表彰(文部科学大臣表彰)について

民館やその他公民館と同等の社会教育活動を行う施設のうち,特に事業内容・方法等に工夫をこらし,地域住民の学習活動に大きく貢献しているものを優良公民館として,文部科学大臣が表彰を行います。

1表彰公民館(県教育委員会推薦分)

霧島市隼人松永地区公民館

概要>
人松永地区公民館は,平成17年11月霧島市誕生以前から,旧隼人町の公民館分館として生涯学習の場,情報発信の拠点等の役割を果たしてきた。市町合併後もその役割を維持しながら,生涯学習推進の場であるとともに地域住民集いの場として多くの人々に親しまれ,多様な活動に活用されている。
子高齢化,核家族化が進み,地域内の連携が徐々に薄れていく昨今にあって,隼人松永地区公民館では,地域ぐるみで健全な青少年を育成するため,また高齢者が身近な地域でいきいきと活動しながら暮らしていくために,地区公民館教室を開設している。具体的には,子供や保護者を対象とした「わらべうた教室」,成人を対象とした「ふれあいグラウンドゴルフ大会」,地区住民全員を対象とした「ふるさと松永夏祭り」など,様々な世代の住民が参加できる教室や行事を開催している。
人松永地区の人口規模は,旧隼人町の中で8館中5番目であるが,公民館教室の延参加者は,前年度に引き続き最も多い数となった。

阿久根市中央公民館

概要>
久根市中央公民館では,「阿久根市民憲章」に定める心豊かで住みよいまちづくりを進めるために,各種の青少年教育事業,高齢者や女性の学習機会の確保,公民館講座等の学習機会を通した生涯学習を推進している。
た,多様な利用者の参加促進を図るため,地区公民館や市内類似施設等を利用して,地域に根ざした学習や,生活向上の諸事業を展開している。
らに,生涯学習講座運営方針については,事業終了後のアンケート結果を分析し,見直しを図り,望ましい講座運営についての工夫改善に努めている。同様に青少年の体験活動や26回目を迎えた「生涯学習フェア」などの工夫・改善を図っている。
年多くの市民に愛されてきた阿久根市中央公民館は,平成30年度,建て替えにより市民交流センターとしてリニューアルし,新たな生涯学習の拠点となる計画である。

鹿屋市西原地区学習センター

概要>
成6年に開館以来,生涯学習講座や同好会の支援,生涯スポーツの普及活動を工夫しながら推進し,地域住民の生きがいづくりや仲間づくり・健康づくりの機会を提供するとともに,潤いと活力ある地域づくりに寄与している。
域コミュニティーの活性化及び子どもの健全育成などに重点を置いた講座「ふるさと探訪」では,郷土の魅力を再発見するとともに地域住民の絆を深め,子供絵画教室,やさしい科学教室などでは,子供の健全育成に重点を置いた講座を開設している。また,地域ぐるみで学校を支援する学校応援団の事務局や生涯学習推進協議会の事務局も兼ねており,学校と地域をつなぐ役割も担っている。
「出会う嬉しさ学ぶ楽しさできた喜び広げよう学びの輪」をキャッチフレーズに揚げ,市民に親しみやすい施設運営を目指し,昨年度の利用者は30,000人を超えた。

2彰式

日時成30年11月2日(金曜日)後1時30分~午後2時40分

場所本青年館大ホール

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?