ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 子どもの読書活動 > 取組事例 > 市町村立図書館の取組

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

市町村立図書館の取組

鹿児島県内には,市町村立図書館が61館,公民館図書室が42室あり,子どもの読書活動を推進するために様々な取組を行っています。

こでは,平成29年度子どもの読書活動優秀図書館文部科学大臣表彰を受けた,鹿屋市立図書館の取組を紹介します。

鹿屋市立図書館の取組

鹿屋市立図書館では,読書への興味を持たせ,読む力を育てるために,定例の「お話会」や「ブックスタートでの読み聞かせ」,「夜のこわ~いおはなし会」等を実施するとともに,図書館自体に興味を持たせ,来館をはたらきかけるため「図書館まつり」や「一日司書体験」等の取組を行っています。
た,「自由研究お助け教室」や「夏休み一日文芸教室」,「調べる学習コンクール」等を実施し,子どもたちの学習の場としての役割を果たす取組を行い,課題解決のために図書館を利用する力を育てています。
これらの取組が評価され,平成29年度子どもの読書活動優秀図書館として文部科学大臣表彰を受賞しました。

【おはなし会の様子

鹿屋市立図書館おはなし会

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?