ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 子どもの読書活動 > 取組事例 > 県立図書館の取組

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

県立図書館の取組

1子読書研修会

本県では,「県子ども読書活動推進計画」に基づき,子どもの読書活動を推進しています。この一環として,毎年親子読書研修会を開催し,親子読書の進め方や親子読書活動の在り方等について学ぶ機会を提供しています。

1時:平成30年6月22日,13時から16時25分親子読書研修会

2所:かごしま県民交流センター

3

「おやこ一冊読書」について

「おやこ一冊読書」取組発表・実演

流水小学校親子読書いもむしの会(さつま町)

峰おはなし会(南さつま市)

講演

演題「本を開いて,ふしぎの国へ親と子で楽しむ読書~

講師童文学作家子氏

2薦め本のリスト

県立図書館では,市町村立図書館や学校,家庭等における選書の参考になるよう,お薦め本のリストを作成しています。「児童図書モデルリスト」「鹿児島県の高校生が薦める本」「大人になるまでにこれだけは読んでおきたいじいろのほん」の3種類があり,いずれも県立図書館のホームページで御覧いただけます。

(1)童図書モデルリスト

年,1月から12月までの1年間に出版された児童図書モデルリスト

の中から,県立図書館職員がお薦めの本をアップしている

ものです。

 

(2)鹿児島県の高校生が薦める本

県の高校生に自分が読んだ本の中から,特に心に残っ高校生が薦める本

ている本や,友人や後輩にもぜひ読ん欲しいと思う本を推

薦してもらい,リストを作成したものです。

今回で,第3集目の作成となります。

(3)人になるまでにこれだけは読んでおきたいじいろのほん

どもたちが大人になるまでに読んでもらいたい本をにじいろの本

県立図書館においてリストアップしました。

に架かる虹のように,子どもから大人への健やかな

成長の架け橋になって欲しいという願いを込めて,「に

じいろのほん」と名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

3月23日は子どもといっしょに読書の日

鹿児島県図書館協会では,4月23日の「子ども読書の日」のポスター

趣旨を生かし,「毎月23日は子どもといっしょに読書の日」

と定めています。

各市町村の図書館や公民館図書室が中心となって,家庭や地

域で子どもが本に親しみ,主体的な読書活動が推進されるよう,

様々な取組を図っています。





鹿児島県立図書館へリンク(外部サイトへリンク)

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?