ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 家庭の教育力の向上 > 家庭教育支援 > 家庭教育を応援します

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

家庭教育を応援します

1としての学びを支援する様々な学習機会があります。

2としての学びを支援する様々な学習資料があります。

3庭教育・子育てに関する相談窓口があります。

4町村で,家庭教育支援に関する活動を整備・調整・推進する人材を養成しています。

5くの保護者が集まる場所で,広報活動を行っています。

1としての学びを支援する様々な学習機会一覧

事業名

研修会名等

趣旨・内容

利用形態

問合せ先

ホームページ

家庭教育学級研修会

家庭教育学級における課題を明らかにし,その解決策等について意見交換や事例発表等を行い,家庭教育学級のより一層の充実を図ります。

家庭教育学級長,学級生等対象。市町村教育委員会を通じて申し込む。

社会教育課
社会教育係

099-286-5339

家庭教育学級研修会

県政出前セミナー

県政の課題や県が重点的に取り組んでいる施策等について,県職員が集会等にお伺いし直接説明を行い,意見交換を通して対話や交流を推進するとともに,県政についての県民の理解と協力を得ることを目的として行うもので,13分野204のテーマがあります。

<テーマ例>家庭の教育力の向上,食育など

おおむね20人以上の参加が見込まれる会合等

PR・観光戦略部099-286-2093

ホーム>県政情報>

広報・広聴>県政出前セミナー

「学習機会提供事業」
・生涯学習県民大学講座

多様化・高度化する県民の生涯学習ニーズに応えるため,大学等と連携して,現代的課題や社会的要請に基づく学習機会の提供を図ります。
10市町の各会場では,共通テーマの「教育・子育て」に関する講座を実施します。

個人でも,グループでも

県民大学中央センター
学習推進係
099-221-6604

かごしま県民交流センターHOME>機能のご紹介>かごしま県民大学中央センター>講座・研修>生涯学習県民大学講座(外部サイトへリンク)

人権同和教育基礎講座

「鹿児島県人権教育・啓発基本計画」を踏まえ,同和問題をはじめとする様々な人権課題についての正しい理解と認識を深め,人権意識の高揚を図るとともに,人権同和教育の推進・充実を図ることを目的として開催する講座です。

 

学校及び人権同和教育課に申し込む。

人権同和教育課

099-286-5364

ホーム>教育・文化・交流>学校教育>あなたが進める人権教育>鹿児島県人権同和教育基礎講座について

 

 

課題別研究会

進路保障や人権問題などのテーマを設定して開催しており,テーマごとの講座や講演,実践発表・研究協議,演習を通して,人権教育の充実を図ります。

学校及び人権同和教育課に申し込む。

人権同和教育課

099-286-5364

ホーム>教育・文化・交流>学校教育>人権同和教育>あなたが進める人権教育>課題別研究会について

親子療養所訪問

ハンセン病療養所の訪問を希望する親子(小・中学生,高校生とその保護者)等に,療養所の施設見学や入所者との交流の場を提供し,ハンセン病問題に関する正しい知識の普及啓発を進め,ハンセン病であった方々への偏見・差別の解消を図ります。

募集期間中に,世帯ごとに申込みを行う。

健康増進課

099-286-2720

ホーム>健康・福祉>健康・医療>感染症>ハンセン病の話題

文化財研修講座

郷土で大切に守られてきた建物や自然,踊りなどの文化財について知るとともに,その保護と伝承に当たって,地域でどのような意識を持って取り組んでいくか,講義や講演,実践事例等の紹介を通して学ぶ講座です。

文化財に興味がある方ならどなたでも対象

文化財課

099-286-5355

ホーム>教育・文化・交流>文化・スポーツ>文化財>文化財研修講座

「e-ネットキャラバン(e-ネット安心講座)」

インターネットの安心安全な利用のために,保護者や教職員をはじめ,小学生(中学年)~高校生向けに実施する啓発ガイダンスです。全国規模で講師を派遣する出前講座を行っており,PTAの会合や勉強会,学校における情報モラル教育の一環として活用できます。講座を行う講師の派遣に伴う謝礼や交通費は無料。

講座開催日より2ヶ月前の同日までに申し込む。
(例)7月開催希望分→3月1日より受付開始→5月同日受付終了

保護者・教職員向け講座は60分以上(あいさつ,紹介の時間を除く)最低15名以上,WEBまたはFAXで申し込む。

一般財団法人マルチメディア振興センター

03-5403-1090

e-ネットキャラバン公式WEBサイト(外部サイトへリンク)

 

家庭教育学級長等研修会

家庭教育学級における課題を明らかにし,その解決策等について意見交換や事例発表等を行い,家庭教育学級のより一層の充実を図ります。

令和2年度計画(予定)

会場

期日

場所

大島会場

令和2年5月27日(水曜日)

奄美市

大隅会場 令和2年6月9日(火曜日) 鹿屋市

<令和元年度の実施状況>

大島会場:令和元年5月25日(土曜日)徳之島町生涯学習センター・・・111人参加

鹿児島会場:令和元年6月4日(火曜日)かごしま県民交流センター・・・170人参加

kagoshima01tokunoshima01

2としての学びを支援する学習資料一覧

名称

内容等

問合せ先

ホームページ

家庭教育に関する世代別学習プログラム

(1)「子育て世代」,「シニア世代」における家庭教育に関する参加型学習のワークシート及び展開例(家庭教育学級やPTA,公民館講座等の家庭教育に関する学習機会で活用できます。)

(2)「これから親になる世代」の中・高生の家庭科等の学習で活用できる補助資料

社会教育課
社会教育係

099-286-5339

ホーム>教育・文化・交流>生涯学習・社会教育>家庭の教育力の向上>家庭教育資料

家庭教育1・2・3

~キホンをホンキで~

平成25年度版

(1)基本的生活習慣(2)親子の絆・ふれあい(3)規範意識・マナーに関する内容について,チェックシートで確かめができます。また,相談機関や支援制度等の情報もあり,幼稚園・保育園年長~小学校低学年児童保護者を対象とした学習講座等で活用できます。

社会教育課
社会教育係

099-286-5339

 

ホーム>教育・文化・交流>生涯学習・社会教育>家庭の教育力の向上>家庭教育資料

 

家庭教育1・2・3

~キホンをホンキで~

平成26年度版

その(1)基本的生活習慣編

小・中・高校のそれぞれの発達段階に応じた基本的生活習慣についての習慣化項目の目安について,チェックシートで確かめができます。また,子育て・家庭教育に関する相談機関の情報もあり,各発達段階での学習講座等で活用できます。(平成25年度版のうち(1)を小・中・高版に拡大)

社会教育課
社会教育係

099-286-5339

ホーム>教育・文化・交流>生涯学習・社会教育>家庭の教育力の向上>家庭教育資料

家庭教育1・2・3

~キホンをホンキで~

平成27年度版

その(2)親子のふれあい・絆編

小・中・高のそれぞれの発達段階ごとに家庭での子どもとの「ふれあい」や「絆」について,親としての在り方を振り返ることができます。また,県立の教育施設紹介も掲載されており,各段階での体験活動を進めるヒントとして活用できます。(平成25年度版のうちの(2)を小・中・高版に拡大)

社会教育課
社会教育係
099-286-5339

ホーム>教育・文化・交流>生涯学習・社会教育>家庭の教育力の向上>家庭教育資料

家庭教育1・2・3

~キホンをホンキで~

平成28年度版

その(3)規範意識を育むために

家庭で規範意識を育むためのポイントをまとめてあります。また,世代別プログラムの一覧や相談機関等も掲載されており,家庭教育のヒントとして活用できます。(平成25年度版のうちの(3)について8項目に整理)

社会教育課
社会教育係
099-286-5339

ホーム>教育・文化・交流>生涯学習・社会教育>家庭の教育力の向上>家庭教育資料

子ども読書啓発リーフレット

子ども読書活動の大切さや「1日20分読書」運動の意義,進め方等について確認することができ,学級PTAや家庭教育学級等で活用できます。

毎年作成しており,ホームページにも掲載してあります。

社会教育課

生涯学習係

099-286-5336

ホーム>教育・文化・交流>家庭・地域・社会教育>生涯学習・社会教育>子どもの読書活動>推進計画・啓発資料

ぐりぶー・さくらのスマホ時代のネットトラブル予防教室

 

ぐりぶー・さくらネットトラブル予防教室QRコード

鹿児島県PRキャラクターぐりぶー・さくらが先生となり,小学生から高校生までの児童­生徒に,ネット社会をめぐる様々な問題とその対処法を分かりやすく紹介します。

Youtubeで閲覧できます。(表内のQRコード又はURLからアクセスできます。)

https://www.youtube.com/watch立方メートルv=fnv5A18a-hM

発行日/平成26年3月,企画・発行・著作/鹿児島県教育委員会
制作/株式会社鹿児島映広

義務教育課
企画生徒指導係

099-286-5298

ホーム>5CHかごしま暮らしナビ>消費者啓発>ぐりぶー・さくらのスマホ時代のネットトラブル予防教室

大人になるまでこれだけは読んでおきたいにじいろの本

児童図書モデルリスト

家庭や学校,公立図書館(室)等で,子どもの本を選択する際の参考資料として選定し,作成したものです。

学級PTAや家庭教育学級等で活用できます。

県立図書館奉仕課

099-224-9614

県立図書館トップページ>子どもの読書に関する情報(外部サイトへリンク)

子育て・教育支援コーナー図書リスト 県立図書館の「子育て・教育支援コーナー」には,子育て真っ最中の方,子育てに関わっている方,そしてこれから子育てに関わる方々を応援する図書資料があり,すべて借りることができます。(以下の16のテーマごとに分類されています)

名づけ家族の問題子どもの安全・防犯子育て支援(制度)子どもの問題(不登校・いじめ等)幼児教育・保育障がい児・発達家庭教育・しつけ子どもとお母さんの病気・ケア洋服(赤ちゃん・子ども)手芸(赤ちゃん・子ども)料理・お弁当妊娠・出産子どもの病気百科育児・母乳・離乳食子育て論・体験記

県立図書館奉仕課

099-224-9614

県立図書館トップページ>ご利用案内トップ>図書館活動・各種支援等>子育て・教育支援コーナー(外部サイトへリンク)

かごしまの食ウェブサイト

「かごしまの食」に関するホームページです。かごしまブランドをはじめとする県産品や料理レシピなど,様々な情報が掲載されています。サイト内には,小学校の高学年を対象とした「キッズページ」があります。こども向けとなっていますが,大人も楽しめる内容で,かごしま版食事バランスガイド,鹿児島の農業,食材クイズ,野菜の育つ様子などが掲載されています。

農政部農政課

099-286-3093

https://www.kagoshima-shoku.com/

H30年度版人権教育指導資料「仲間づくり」《参加型学習コンテンツ集》

人権感覚を育む学習方法の一つである参加型学習について活用できるコンテンツを掲載した資料集です。

参加型学習は,参加者の主体的な活動とコミュニケーションを大切にする学習方法で,様々なアクティビティを通して,子どもだけでなく保護者の人権感覚を育むための学習にも活用できます。

人権同和教育課

099-286-5364

ホーム>教育・文化・交流>学校教育>人権同和教育>人権同和教育資料

H31年度版人権教育指導資料「仲間づくり」《性的マイノリティへの正しい理解と認識を深めるために》 社会的に関心が高まっている性的マイノリティについて,基礎的な事項をまとめ,学校の授業や家庭教育学級などでも活用できる指導資料です。

人権同和教育課

099-286-5364
ホーム>教育・文化・交流>学校教育>人権同和教育>人権同和教育資料

家庭教育手帳

ドキドキ(桃)ワクワク(緑)

イキイキ(青)

 

 

 

文部科学省が平成22年度に作成した「家庭教育手帳」は、家庭での教育やしつけに関して、それぞれの家庭で考えいただきたいことをまとめた、子育ての「ヒント集」です。

お子さんの年齢に合わせて次の3種類を作成しており、保護者の方をはじめ、子育てに関わる多くの方々にご参考いただけます。

  • ドキドキ子育て(乳幼児編)
  • ワクワク子育て(小学校低・中学年編)
  • イキイキ子育て(小学校高学年・中学校編)

文部科学省

家庭教育支援室

03-6734-3467

文部科学省のサイトからダウンロードできます。

家庭教育手帳の効果的な活用事例(表面)[PDFファイル/1.12MB](文部科学省作成)

家庭教育手帳の効果的な活用事例(裏面)[PDFファイル/855KB](文部科学省作成)

 

早寝早起き朝ごはんポケットガイド

子どもの望ましい基本的生活習慣を育成し,生活リズムを向上させるとともに,地域全体で家庭の教育力を支える社会的機運の醸成を図るための「早寝早起き朝ごはん」運動が平成18年から始まりました。

このガイドは,保護者をはじめとする大人の方々に,「早寝早起き朝ごはん」の重要性について知っていただけるように分かりやすくまとめてあります。

その他にも,ダウンロード可能な資料が各種あります。また,「送付可能マーク」のついているものは希望部数を着払いで送付できます。所定のガイド発送依頼書(外部サイトへリンク)及びチラシ・ポスター依頼書(外部サイトへリンク)に必要事項を記入の上,FAXまたはメールで申し込んでください。

早寝早起き朝ごはん全国協議会

 

電話

03-6407-7767

FAX

03-6407-7699

 

 

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会トップ>「早寝早起き朝ごはん」運動について>活動内容>ダウンロード(外部サイトへリンク)

メールアドレス

hayane-hayaoki@niye.go.jp

できることからはめてみよう「早寝早起き朝ごはん」(平成29年度版)

子どもの基本的な生活習慣の大切さを啓発するためのリーフレットです。

文部科学省家庭教育支援室

03-6734-3467

http://katei.mext.go.jp/

子どもたちの未来をはぐくむ家庭教育>ライブラリ>パンフレット

早寝早起き朝ごはん」中高生等向け普及啓発資料及び指導者用資料

早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来

(1)早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来~睡眠リズムを整えよう!~(中学生・高校生等向け普及啓発資料)

(2)早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来~睡眠リズムを整えよう!~(指導者用資料(中学生・高校生等)

(3)早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来~睡眠リズムを整えよう!~(中学生・高校生等向け普及啓発資料)パワーポイント版

(4)睡眠チェックシート

(1)のみ希望部数を着払いで送付可。送付に関する問合せは,「早寝早起き朝ごはん」全国協議会(電話03-6407-7767)へ。

文部科学省家庭教育支援室

03-6734-3467

トップ>教育>幼児教育・家庭教育>家庭の教育力の向上>これまでの検討会議の開催>平成26年度「中高生を中心とした子どもの生活習慣が心身へ与える影響等に関する検討委員会」>「早寝早起き朝ごはん」中高生等向け普及啓発資料及び指導者用資料(外部サイトへリンク)

保護者向け普及啓発用リーフレット「ネットの危険からお子様を守るために今,保護者ができること」

保護者ができるポイントなどが具体的に紹介され,各自が確認できるチェックシートや相談窓口も掲載されています。

内閣府

内閣府のサイトからダウンロードできます。(外部サイトへリンク)

「青少年のインターネット利用環境づくりハンドブック(保護者・教職員・指導員向け)」

「青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム」(令和元年7月)において、当日資料として配布されたものです。地方公共団体や法人の取組事例どが紹介され,青少年のインターネット利用環境整備に係る活動・指導等にご活用できます。

内閣府

内閣府のサイトからメールで入手(申込)できます。(外部サイトへリンク)

保護者のためのハンドブック~より良い親子関係を築くために~(平成27年6月)

少年の非行の背景には,性格,年齢,経歴,心身の状況,交友関係,家庭環境など様々な要因が関係します。保護観察では,少年の改善更生を図るために,これらの状況を踏まえて保護観察に付された少年への指導助言を行います。この中で,家庭環境の安定は大変重要であり,そのためには少年と保護者との間でのコミュニケーションがうまくいき,親子の関係が良好に保たれることが必要です。

御自身の子どもの非行や問題行動に悩む保護者の方々が,親子のコミュニケーションをより良くする上で参考になります。

法務省保護局 トップページ>法務省の概要>各組織の説明>内部部局>保護局(外部サイトへリンク)

 

 

 

3内の家庭教育・子育てに関する主な相談機関

気軽に御相談ください。(表内の☆,★について☆→面談は要予約★→祝日・年末年始を除く)

相談機関名

電話番号

相談時間など

相談内容

かごしま教育ホットライン24

フリーダイヤル0120-783-574

携帯電話からは099-294-2200

365日24時間

いじめ・不登校等子どもに関すること

県総合教育センター教育相談課

099-294-2200

月~金8時30分~17時00分☆★

いじめ・不登校,しつけ,子どもに関すること

県総合教育センター特別支援研修課

099-294-2820

月~金8時30分~17時00分☆★

障害児や学習・行動面のつまづきに関すること

こども総合療育センター

099-265-2400

月~金8時30分~17時00分☆

子どもの心身の発達に関すること

子ども・家庭110番

099-275-4152

月~金9時00分~22時00分★

(土日祝日・年末年始を除く)

18歳未満の子どもに関すること

中央児童相談所

099-264-3003

月~金8時30分~17時15分☆★

子どもの養護・育成・非行・心身障害・里親等子どもに関すること

児童相談所虐待対応ダイヤル189(いちはやく)

お近くの児童相談所につながります(365日24時間)

大隅児童相談所

0994-43-7011

月~金8時30分~17時15分☆★

大島児童相談所

0997-53-6070

月~金8時30分~17時15分☆★

かごしま子ども・若者総合相談センター(ひきこもり地域支援センター)

099-257-8230

火~日10時00分~17時00分☆★

(ただし祝日は可)

不登校・ひきこもり等に関すること

県警少年サポートセンター

ヤングテレホン

099-252-7867

月~金8時30分~17時15分☆★

非行防止・健全育成に関すること

県警少年サポートセンター

ヤングメール

kp-youngmail@police.pref.kagoshima.jp

  非行防止・健全育成に関すること

精神保健福祉協議会(こころの電話)

099-228-9566

099-228-9567

月~金9時00分~16時30分★

精神的不安や心の悩みに関すること

障害者くらし安心相談窓口

(県庁障害福祉課)

(大隅地域振興局)

(大島支庁)

 

099-286-5110

0994-52-2108

0997-57-7222

月~金8時30分~16時00分★ 障害を理由とする差別に関すること

県精神保健福祉センター

099-218-4755

 

月~金8時30分~17時00分☆★

水(面談)9時00分~12時00分☆★

依存症・ひきこもり等に関すること

思春期のこころの相談

鹿児島いのちの電話

099-250-7000

365日24時間

生きる力を失いかける悩みや不安

PTAすくすくライン(県PTA連合会)

099-251-0309

月~金9時00分~17時00分★

子どもの教育に関すること

小児救急電話相談

県内共通#8000

099-254-1186(※)

ダイヤル式電話・光電話・IP電話及び市外局番が「0986」の地域の固定電話からは,この番号におかけください。

月~土19時~翌朝8時
日・祝・年末年始8時~翌朝8時

夜間の子どもの急病への対応や応急処置など

 

男女共同参画センター

099-221-6630

火・休館日翌日9時00分~20時00分

水~日9時00分~17時00分年末年始を除く

家庭(配偶者からの暴力を含)や仕事,生き方等に関すること

女性相談センター

099-222-1467

日9時00分~15時00分

月~金8時30分~17時00分

(木のみ20時00分まで)

配偶者等からの暴力,離婚問題,家庭不和など

女性健康支援センター

(県助産師会)

 

099-210-7559

火・木・土・日の10時00分~18時00分

思春期から更年期に至る女性に対し,婦人科的疾患及び更年期障害,予期せぬ妊娠を含む妊娠・出産についての悩みなど

メール相談:josei@pref.kagoshima.lg.jp

家庭児童相談室

(県地域振興局等9か所及び19市2町の各福祉事務所内)

各相談室の電話番号は,下のURLを参照

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/sodan/091022.html

家庭での育児養育の方法や,児童と家庭との人間関係に関すること

4町村で,家庭教育支援に関する活動を整備・調整・推進する人材の養成

家庭教育支援員研修会

市町村において,相談対応や専門家の紹介,家庭教育情報の収集・提供,効果的な学習プログラムの企画・運営等,家庭教育支援に関する活動を整備・調整・推進する人材を養成します。(2会場)

2日目は,両会場とも,基礎講座,スキルアップ講座(平成26年度以降に開催した基礎講座受講者対象)を同時開催します。

令和2年度計画(予定)

会場

期日 場所

大島会場

令和2年10月15日(木曜日)~16日(金曜日) 県立奄美図書館
鹿児島会場 令和2年10月27日(火曜日)~28日(水曜日) かごしま県民交流センター

<平成元年度の実施状況>

鹿児島会場:令和元年10月29日(火曜日)~30日(水曜日)かごしま県民交流センター・・・基礎講座28人,スキルアップ講座18人

大島会場:令和元年12月17日(火曜日)~18日(水曜日)県立奄美少年自然の家・・・基礎講座13人,スキルアップ講座11人

kakyoushi01kakyoushi02

5くの保護者が集まる場所での広報活動

家庭教育支援への県民の関心を高め,地域ぐるみで家庭教育を支援していく気運の醸成を図るため,親子が多く集まるイベント等で,家庭教育支援条例の周知や家庭教育に関する情報提供を行っています。

令和元年10月13日(日曜日)水市青年の家「青少年社会教育施設ふれあいデー」

  • 「早寝早起き朝ごはん」に関するクイズ・ぬり絵,折り紙の実施,リーフレット配布

令和元年11月23日(土曜日)指宿市ふれあいプラザなのはな館「家庭教育支援キャラバン『親子すくすくフェスタ』」

  • 家庭教育に関する講演,読み聞かせ,ものづくりワークショップ,相談コーナー,ぐりぶー家族やご当地キャラとの写真撮影

sukusuku03suku01

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5341

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。