ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 社会教育委員の会議 > 平成30年度第1回社会教育委員の会議の開催結果について

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

平成30年度第1回社会教育委員の会議の開催結果について

開催日時

平成30年9月5日(水曜日)午前9時30分から午前11時30分まで

場所

県庁行政庁舎16階教育委員会室

出席委員

大保辰美委員,濵島敬子委員,月野功委員,太田敬介委員,伊佐幸子委員,下大川竜朗委員,中村ふき子委員,國弘小百合委員,岩橋恵子委員,武隈晃委員,村上光朗委員,瀬戸口晴子委員,門田夫佐子委員,大脇治樹委員,上山貞茂委員,濵田みず代委員

公開・非公開の別

公開

傍聴者

なし

協議

⑴審議の進め方について
⑵実態調査計画について

審議結果等の概要

⑴審議の進め方について
  • 「地域コミュニティの活性化に貢献する社会教育の学びの在り方について」を審議のテーマとして,2年間のスケジュールで審議を行う。
  • テーマのとらえ方についても,審議の中で深めていきたい。
  • 地域コミュニティ協議会を置くことだけが取り上げられ,社会教育の中で行われてきた「学びの場」と,そこで培われてきた「人のつながり」の部分が薄れてきていることが危惧される。そのような中,ある程度の方向性を示せたら,今後の活動に生かせるのではないか。
  • 地域コミュニティの現状をとらえた上で審議し,超スマート社会など,先を見据えた活性化の方策を示せたら良い。
⑵実態調査計画について
  • 実態の認識と取組の実施の関係を捉えるためには,同時に調査することが必要である。
  • 実態調査にあたっては,講座等を実施する側だけでなく,受講者側の意見も広く聞くことが大事である。
  • 新聞紙上からも地域における様々な学びの様子が捉えられるのではないか。
  • 社会教育関係団体でも調査に協力したい。

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5339

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?