ホーム > 教育・文化・交流 > 学校教育 > 人権同和教育 > 今月のちょっといい話 > 平成26年度 > 9月のちょっといい話~ピースサイン~

ここから本文です。

更新日:2014年9月18日

9月のちょっといい話~ピースサイン~

 

バイクに乗って,初めて遠出をしたときのことです。

私は,バイク雑誌を読んで「ツーリングをしているライダー同士がすれ違う際に,お互いにピースサインをする」という,暗黙のルールのようなものがあることを知っていました。

その日,自分のような初心者にも「ピースサイン」をしてくれるのだろうかと,期待と不安を抱きながら慣れない運転をしていました。

紅葉が色付き始めた秋の北薩の地を,しばらく北に向かって走っていると,遠くに4,5台のバイクが見えました。バイクは見事な隊列を組んで,どんどん私に近付いてきます。どのタイミングで「ピースサイン」を出せばいいのかと,私はドキドキしながら,バイクを見ていました。

それはあっという間の出来事でした。すれ違うライダーたちが私に向かって次々と「ピースサイン」をしてくれたのです。私もぎこちなく返しました。ちゃんとは見えなかったのですが,ヘルメットの中の顔が笑っているように感じられ,ライダーとして認めてもらったようなうれしい気持ちになりました。

このことを機に,私はツーリングをする度に,他のライダーとのつながりを誇らしく感じながら「ピースサイン」をしていました。

 

「ピースサイン」や会釈などのサインや,「おはよう」,「ありがとう」などの言葉には,自分をそのまま受け入れてもらえる心地よさがあり,人と人の心を開く力があるように思われます。

このページに関するお問い合わせ

教育庁人権同和教育課

電話番号:099-286-5364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?