ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > 学芸室から > 岩石・地質の部屋 > 企画展:かごしまに生きた古生物たち

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

企画展:かごしまに生きた古生物たち

 

古生物ポスター1

古生物ポスター2

印刷用ポスター(JPG:1,046KB)

鹿児島県ではアンモナイトや恐竜の化石が続々と発見されています。これらの生物が生きていた頃の鹿児島はどんな様子だったのでしょうか。この企画展では甑島の恐竜化石の最新情報をはじめ,県内で見つかったさまざまな化石をもとに,鹿児島の古生物について紹介します。

主催

鹿児島県立博物

期間

平成26年7月26日(土曜日)~平成26年9月15日(月曜日)

休館日

7月28日(月曜日)

8月4日(月曜日),11日(月曜日),18日(月曜日),25日(月曜日)

9月1日(月曜日),9月2日(火曜日),8日(月曜日)

会場

本館1階企画展示室

入場料

無料

展示内容

県内で化石の出るところ

1化石研究の最前線-甑島.JPG

2-県内で化石の出るところ-樋脇.JPG

1-印象写真.JPG

かごしまに生きた化石たち(中生代)

獅子島や甑島の化石を紹介します

3-かごしまに生きた化石たちーケラトプス類の模型.JPG

2-県内で化石の出るところ-甑島-貝化石.JPG

恐竜模型・化石発掘体験コーナー

夏休みにあわせて,子どもたちが参加体験できるコーナーを設置します。

4-恐竜模型.JPG

4-化石発掘体験コーナー.JPG

かごしまに生きた化石たち(新生代)

タネガシマゾウなど,種子島の化石を中心に紹介します。

 

5-かごしまに生きた古生物たち-新生代-ズーフィコス化石.JPG

5-かごしまに生きた古生物たち-新生代-松かさ.JPG

化石研究の最前線

大きな化石だけでなく,顕微鏡で見ながら研究を進める分野など,化石研究の今を紹介します

6-化石研究の最前線.JPG

3-かごしまに生きた化石たち-二枚貝のなかま.JPG

関連行事:ミュージアムトーク

博物館の学芸員が今回の展示にかける想いについて解説し,質問にお答えします。

  • 平成26年7月26日(土曜日)14時から
  • 平成26年8月9日(土曜日)14時から
  • 平成26年8月16日(土曜日)14時から
  • 平成26年8月30日(土曜日)14時から

会場:県立博物館本館1階企画展示室

触っていいよ.jpg

実施要項(PDF:69KB)

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。