ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > 別館の展示:プラネタリウム・化石など > 純心学園に日食観察の講師としてよばれました

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

純心学園に日食観察の講師としてよばれました

2012年5月21日,待ちに待った金環日食がやってきました。博物館は休館日でイベントなどを企画しませんでしたが,純心学園が一般市民にも開放した観察会を行い,その講師として天文担当学芸主事が参加してきました。

 

1曇天

2観察会開始

朝から雲が多く,観察は難しいようです。 荒天の中,予定通り観察会を始めました。「気温が下がって,暗くなることに注目してみましょう。」

3雲は厚くなる

4天文の話し

どんどん雲が晴れて・・・・きません。残念です。 金環食の時刻になると辺りが暗くなって,どんどん肌寒くなるのには,皆さんビックリしたようです。

5日食めがね

6講義1

せっかく持ってきた日食メガネ,付けてみますが真っ暗です。 観察会終了後,純心中学校で日食に関する講義を行いました。

7講義2

54年前の金環日食

日食の起こる仕組みなどを,楽しく勉強できました。 天文協会から借りた,54年前の金環日食の写真を見ました。きれいな記録が残っていて,ビックリです。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?