ホーム > 県警の概要 > はい、本部長です > 平成28年3月~外山警部補殉職慰霊祭を挙行~

あなたのまちの警察署・交番駐在所

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

平成28年3月~外山警部補殉職慰霊祭を挙行~

鹿児島県警察本部長の種部です。

日,薩摩川内警察署におきまして,故外山輝宣警部補の50回忌に寄せて,慰霊祭を執り行いました。

人は,昭和40年,高校を卒業と同時に警察官を拝命し,警察学校での訓練,教養を終えた後,青雲の志を抱いて当時の川内警察署(現薩摩川内警察署)に配属されました。

内川と国道3号線の交差する場所にありました,当時の太平橋派出所に勤務していた昭和42年1月5日深夜,盗難車両で逃走する強盗犯人を認め,追跡したのでした。

その夜は,みぞれ降る寒夜で星一つない闇夜であったのですが,犯人を逮捕するため,我が身を顧みず毅然と立ち向かいました。

そして,刃物で身体を刺されながらもこれに屈せず,田んぼの中での格闘を続けましたが,ついにはその職に殉じられております。

哲の言葉にもありますように,公のために一身をささげるほど,美しく尊いものはありませんが,故人の示された崇高な使命感と勇敢な行動は,誠に誇り高く,私共警察職員が,尊敬してやまないところであります。

まさしく故人の功績は,警察官の道標として,はたまた広く公務に携わる者のかがみとして,不滅の輝きを放ち,何物にも代え難いものとして,本県警察職員一人一人に受け継がれております。

良市の警察学校には故人の銅像が建立され,入校中の学生,教職員をはじめ,職員は朝夕に敬礼をし,故人を敬い偲んでおります。

また,故人が殉職された薩摩川内市隈之城町には,殉職当時に慰霊の石碑が建立され,以来,地域住民の皆様方の温かい御支援と御協力により手入れが行き届き,長年に渡り維持され続けております。

この場をお借りしまして,感謝申し上げます。

霊祭は,厳かなうちに無事に終えることができましたが,在りし日の御尊容偲べば万感胸に迫り,警察官として治安の維持にこん身の努力をすることを改めて誓った次第であります。

遺族の皆様,御来賓の皆様には,御多用の中,御出席いただきまして誠にありがとうございました。

 

慰霊祭1

慰霊祭2

 

慰霊祭3

慰霊祭4

故外山警部補の歌,「あゝ外山警部補」の歌詞を御紹介します。

作詞見虎雄様,作曲薗和郎様,編曲薗雄一郎様

1の小雨のは更けて
道行く人のも絶え
寒風身にしむたもと
夜汽車の音もく来ゆ

2風のごとくゆく
国道三号常あり
まなじりあげてと追えば
ひときわしげしの雨

3刃闇にひらめきて
深傷負えどえりみず
泥にまみれし闘に
力尽き果職す

4ゝ十九のまたで
若き命は露と消ゆ
外山警部補はなく
恨みは深し日夜

 

 

平成28年3月

 

鹿児島県警察本部長

種部

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?