ホーム > 県警の概要 > はい、本部長です > 平成28年9月~鹿児島県警察本部長に着任~

ここから本文です。

更新日:2016年9月9日

平成28年9月~鹿児島県警察本部長に着任~

 

本部長2

8月22日付で,鹿児島県警察本部長を命ぜられました河野です。

員と力を合わせて治安維持に全力を尽くす所存であります。

よろしくお願いいたします。

回は,初めてですので,幹部に対する着任時のあいさつを掲載させていただきます。

成28年9月

鹿児島県警察本部長

河野

着任時あいさつ)

日,鹿児島県警察本部長を命ぜられました河野です。

この鹿児島県警察に赴任することが決まってから,歴代本部長から話を伺う機会がありましたが,鹿児島県警察について,職員の士気・能力とも高く,伝統と実績を有する組織であるとお聞きし,大変頼もしく思うとともに,そのようなところに本部長として赴任できたことを光栄に思っている次第であります。

また,私は中学,高校の6年間を鹿児島で過ごしており,鹿児島は第二の故郷と言える場所でありまして,そこで勤務できることを大変幸せに感じております。

方,警察本部長という大変思い責任のある立場に就くことに,身の引き締まる思いでもあります。

まずは,皆さんからよく話を伺うなどして,県や県警察の実情を早急に把握することが重要と考えておりますので,その点につき,どうぞよろしくお願いいたします。

れではせっかくの機会でありますので,仕事に取り組む上での私の考えを2点述べます。

1点目は,「県民のための警察」という警察の原点を念頭においた業務の推進です。

そのためには,本年の運営指針である「県民の期待と信頼に応える力強い警察活動の推進」に従って業務を進めていくことが何より重要ですが,常に県民の視点で物事を考え,県民の立場に立って業務を進めていただきたいのであります。

会情勢や治安情勢の変化が著しい現状でありますので,我々も前例踏襲でよいのかよく考えるとともに,個々人そして組織の能力を高める努力を常に行い,県民の求める結果を出していく必要があると考えております。

2点目は,「職員が持てる力を十分に発揮できる職場づくりの推進」ということであります。

員が生き生きと力を発揮するためには,職員が萎縮することなく,上司,同僚になんでも相談できる,また,お互いに助け合える風通しのよい職場をつくる必要があります。

員の健全なワークライフバランスを確立する努力も必要であります。

務においては,職員が無駄な作業に力をとられないよう業務の合理化,システムによる省力化等を推進する必要があります。

部の皆さんには,これらのことに十分留意され,良好な職場環境の整備に努めていただきたいと思います。

上,私の現在考えていることを簡単に申し上げました。

後,皆さんと力を合わせて鹿児島の治安維持に全力を尽くしてまいる所存でありますので,どうぞよろしくお願い致します。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?