ホーム > 県警の概要 > 広報 > 県民からの応援メッセージ

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

県民からの応援メッセージ

伊勢志摩サミット派遣中の警察官に対する激励

2016年5月20日三重県志摩市在住の女性
伊勢志摩サミットのため派遣された本県警察官に対し,激励のメールが寄せられたもの

《メッセージ》
私は三重県の志摩市に住んでおります。
現在,伊勢志摩サミットで全国から警察の方が来られていますが,皆さん暑い中,雨の中,真っ暗の中,不気味な場所もあるでしょう,1日でどれだけ歩いてみえるのだろう・・・・と気の毒に感じます。でも、皆さん大変なのに住民にはとても気持ちよくあいさつしてくださり、特に,鹿児島県警の方たちは鹿児島の喋り方もあってか検問されても、とても穏やかで癒されます。
ですから、サミットが終わり、鹿児島に戻られたらどうぞ、皆さんにその事をお伝えください。

いつもご苦労様です。ありがとう。

親切対応に対するお礼

2014年9月25日大阪府寝屋川市在住の男性
帰省中の男性が地理不案内な鹿屋市内で食堂が見つからず困っていた時に,巡回中の鹿屋中央交番員が最寄りの食堂へ先導案内したことに対して,感謝の手紙が届いた

《メッセージ》
拝啓
日中はまだ暑さの名残がありますが,朝夕は涼しい風が立ち始め,ほのかに秋の気配を感じる今日この頃です。
さて,本日お便りさせてもらいましたのは,先日のお盆に久しぶりに大阪から帰省した折,貴署員に親切にして頂いたお礼にと,遅くなりましたが一筆執らせてもらいました。
と言いますのは,先月16日に実家の内之浦に帰省中に,鹿児島からの帰り昼食のため,鹿屋に立ち寄ったところ,バス停留場付近も以前とは様変わりしており,食堂を探すのに難儀していたところ,丁度,巡回中の若い警察官が親切に食堂近くまで案内してくださいました。
帰りのバスの時刻も迫っておりましたので,"地獄に仏"の心境でした。
この若い警察官の好意は,ご当人の人柄も然ることながら,平素の署長様をはじめ,上司や先輩方のご指導の賜物と感じています。
おかげさまで都会では味わえない人情味あふれるふる里の帰省でした。
ありがとうございました。早々

パトロールに対するお礼

2014年8月26日島市在住の男性
曽於市の実家に帰省の際,坂元駐在所員がパトロールしているところをよく見かけ,そのことに対して感謝の言葉が寄せられた

メッセージ
私は霧島市の自宅と曽於市の実家を時々行き来しています。
最近岩川と牧ノ原の間の県道63号線で,パトロール中のパトカーをよく見かけます。
パトロール中のパトカーを見かけると,ドライバーはスピードを落とすことから,同じ場所で速度取締りをするより私は交通事故防止の効果が高いと思っています。
パトロールをしているのは,坂元駐在所の警察官だと思うのですが,市民の代表として曽於警察署の方にもこの活動を知っていただきたいと思い電話しました。
坂元駐在所と曽於警察署の皆さん,毎日暑いですが頑張ってください。

交番勤務員の事件対応に対するお礼

【2013年8月3日大阪府在住の女性】

7月25日,鹿児島市天文館所在の店舗内において,盗難事件が発生した。
通報を受けた鹿児島中央警察署地蔵角交番員は,直ちに現場急行し,初動捜査を行う一方,盗難被害に遭い,意気消沈していた被害者に対し,被害品の一部であった運転免許証の再交付手続き方法の教示や新幹線チケットの手配等の対応を親切丁寧に行ったことに対し,後日,被害者から御礼の手紙が地蔵角交番にあてて郵送されて来たもの

《メッセージ》

地蔵角交番所の皆様へ
この度は,皆様に大変お世話になりました。
孫との夏休み,想い出の旅の初日に思わぬハプニングに遭い,一瞬,腰が抜ける程でしたが,皆様の心温まる言葉や,対応には本当にいやな事を忘れる程でした。
あれから,祖父が以前,校長を勤めた小学校を訪ね,また,墓参りも済ませ,昼は水族館,夜は納涼船にと従姉達も目一杯,サービスしてくれました。
桜島では,噴火にも遭遇,孫は溶岩石をダイヤモンドの様に大事にして,友達に見せるのだと目を輝かしています。
運転免許証も即日交付してくださるそうで,ホットしています。新幹線の件でも有りがとうございました。
私もこの歳になって,良い体験,勉強をしました。
何よりも皆さんが,口々に「鹿児島を嫌いにならないで・・・」と言ってくださった言葉が心に残りました。
孫が「大きくなったら,今度は,おばあちゃんを鹿児島に連れて来てやる」と言ってくれました。
その言葉を励みに,再び鹿児島を訪ねる事ができる様,願っております。
時節柄,皆様もお身体大切にお過ごしくださいませ,取り急ぎ御礼まで。

交通事故処理に対するお礼

【2013年1月21日出水市在住の女性】

一年前,交通事故で母親を亡くし,悲しみと忙しさの中で忙殺される毎日を過ごしていたが,母親の一周忌を前に寒風の中交通事故処理や街頭活動を行っている警察官の姿を見て,当時一生懸命に事故処理にあたった警察官を思い出し,「あのとき言えなかったお礼を今させてください」と感謝の言葉が寄せられたもの。

《メッセージ》
私は昨年2月に主人の母を交通事故で亡くしました。
あの時は多くの警察官が何度も足を運んでくださり,また寒い中一生懸命仕事をしていらっしゃったことを思い出し,お礼を言いたくて電話をさせていただきました。
もっと早いうちにお礼を言わなければならなかったのですが,あの後も何かと忙しい毎日で,突然の死を迎えたことで呆然となってしまい,連絡をしそびれて,今になってしまいました。
もうすぐ1年になろうとしていますが,母が亡くなったことを含めて,ようやく落ち着いて物事を考えられるようになりました。
あの頃を振り返ると,警察の方に本当にお世話になったな,という思いがこみ上げ,電話するに至りました。
本当にお世話になりました。今後とも応援しておりますので,頑張ってください。

ショルダーバッグの紛失事案に対するお礼

【2012年12月27日大分市在住の女性】

平成24年11月3日,鹿児島中央駅前交番の勤務員3名は,大分市から帰鹿した女性から,「デパート2階の女子トイレで,現金や携帯電話等が入ったショルダーバッグを忘れて取りに戻ったらなくなっていた。」旨の届出を受けた。即座にデパート店内等を探すとともに,店舗内遺失担当係等へ問い合わせた結果,その後,デパートの遺失担当係に女性のショルダーバッグが届けられていることがわかり,速やかに発見,返還されたことに対し,女性から御礼の手紙が寄せられたもの。

《メッセージ》
前略,御免くださいませ。私は,この11月3日にデパート2階のトイレにショルダーバッグを置き忘れ,交番の方に大変お世話になりました者です。
携帯,財布類一切そのバッグに入れておりまして,ポケットにバスのおつり500円のみでした。すぐ,トイレに戻りましたが,バッグはありませんでした。
そこに私の様子を見て声をかけて下さった方が,私の新幹線で帰る予定を聞き,御自分の携帯で「交番にお頼みしましょう。」と連絡され,交番の方に来て頂きました。
警官の方は私の状況を聞き,JRみどりの窓口やトイレ確認など,唖然としている私を励ますように,動いてくださいました。
その中で遺失係に届いているらしいとの連絡があり,カードや免許証の再発行,大変だと諦めていた私でしたが,信じられないことに私のバッグがそのまま何もなくならず,そこにありました。
私は自分のものながら,「そのまま受けとってよいのか」など,いろんなことを口走ったようです。
何も告げず届けられた方,本当にありがとうございます。
そして,人生70年初めてのことでしたが,こんなに私のことを気にかけておせわして下さった古里のおまわりさん方,心より御礼申し上げます。
にとりましては,たくさんの方に守られ励まされた幸せな暖かい時間でした。
バッグが戻らなくてもこのことを味わえただけでも貴重な時間でしたが,ソックリと戻ってきたのですから,夢のようです。
私もボランティアなどに数十年係わって生かされておりますが,この大切な経験で,自分こそ身を引き締め甘さがあったと反省して努力して今後生きたいと,強く思わされました。年に3,4回古里に帰りますが,中央駅でこの思いをかみしめていくことでしょう。
皆様の御活躍と御健康を心よりお祈り申し上げます。ありがとう。

駐在所員が救命措置を施したことに対するお礼

【2012年9月26日奄美市内在住50代女性】
9月15日,家族で帰省中の駐在所員が鹿児島行きのフェリーに乗船した際,船内で心肺停止状態になった男性に遭遇した。
駐在所員は妻と共にAEDを活用し,人工呼吸と心肺蘇生で救命措置を施すとともに,救急ヘリへの引継ぎまで患者の病状を適切に観察した結果,男性は無事に一命を取り留めた。
そのことに対し,同男性の母親が駐在所を訪問し,謝辞を述べたものである。

《メッセージ》
息子を助けていただいてありがとうございました。
同じ船に駐在さんの家族が乗っていて,本当に良かったです。
あれから息子は鹿児島市内の病院に搬送され,翌々日に意識が回復し,後遺症もなく,念のため近日中に別の大きい病院に転院する予定です。
心肺蘇生してもらわなければ,命に関わる状況でしたので,とても感謝しています。
本当にありがとうございました。

台風接近に伴う暴風雨時の対応に対するお礼

【2012年8月28日瀬戸内町で雑貨店経営の高齢女性】

台風接近により,暴風雨の8月26日午後10時ころ,雑貨店のシャッターが破損し,風に煽られているとの近隣住民からの通報を受けた交番員等は,直ちに対応した。
現場においてこのままではシャッターばかりか建物にも被害が及ぶと判断されたことから,シャッターを完全に上まで引き上げ,飛散防止措置を取り,建物への被害を防いだことに対し,下記の言葉があったもの。

《メッセージ》
8月26日,台風15号接近により私の店のシャッターが壊れて飛びそうになった際,激しい風や雨にもかかわらず,数名の警察官が駆けつけてくれて対応していただきました。私一人では,とうていどうにも出来ないところでした。
おかげさまで,ガラスが割れたり,壁が壊れたりすることもありませんでした。
私は,警察官のたくましさと優しさに両手を合わせて深く感謝した次第でした。
本当にありがとうございました。

警察学校学生の治安警備実施訓練(管機隊合同訓練)を見学しての激励

【2012年2月27日姶良市在住の男性】
2月24日,警察学校において実施された治安警備実施(管機隊との合同訓練)を見た男性から,警察学校学生と教官に対し,激励の電話があったもの

《メッセージ》
先週の金曜日(2月24日)に警察学校の近くを通りがかり,警察学校の訓練を初めて見ました。
楯を持っての訓練でしたが,学生さん達の必死になりながらの訓練,それを厳しくも熱心に指導されている教官方の姿勢に対して,感動と感銘を受けました。
このような厳しい訓練のもと鹿児島の治安は維持されているとの認識をしました。
教官,学生のみなさん大変ご苦労な面も多々あると思いますが治安のために頑張ってください。

警察官の現場臨場時の対応に感謝の手紙

【2012年2月20日鹿児島市在住の女性】

2月6日午前零時30分頃,女性から「玄関ドアを蹴ったり,ドアノブを引っ張ったり,鍵をこじ開けようとしたりする音がする」との110番通報があり,自動車警ら班員,交番員が現場臨場したところ,本件は,泥酔者が部屋を間違え,他の居住者の部屋の鍵をこじ開けようとしていたことが判明し,通報者にその旨説明したところ,後日,感謝の言葉が綴られた手紙が郵送されてきたもの

《メッセージ》
2月6日深夜のできごとについて,感謝の気持ちをお伝えしたくて,この手紙をお送りします。
2月6日の深夜,寝ていたところ,玄関のドアノブをガチャガチャ開けようとする音がして目が覚めました。
その音はますます大きくなり,ドアを叩いたり,蹴ったりする音もするようになり気が動転し,生まれて初めて110番通報しました。
110番通報に際して電話応対してくださった,警察官の優しい対応に涙が出ました。
また,警察官2名が来られて「中央署から来ました。」との言葉を聞いたときは,言葉にできないくらい安心し,嬉しい気持ちになりました。
その後さらに,女性警察官を含めて2名の警察官が来ていただきさらに嬉しかったです。
結局は,酔っぱらって部屋を間違えた同じ建物に住む人が,部屋を間違えなんとか家に入ろうとしていたということでした。
当時はパニックになり,きちんとお礼の気持ちをお伝えできなかったことから手紙を書きました。
本当に,本当に,ありがとうございました。通報に対応してくださった方,実際に駆けつけてくださった方,対応を決めて下さった方,毎日の平穏を守って下さっている方,本当にありがとうございます。
皆さんのおかげで,この街がなりたっているのだと,今回のことで実感しました。
心から感謝しております。

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?