ホーム > 生活安全 > 犯罪被害に遭わないために > うそ電話詐欺(特殊詐欺) > 関係機関への協力要請について

ここから本文です。

更新日:2017年5月15日

関係機関への協力要請について

警察から関係機関への協力要請

本県警察は,うそ電話詐欺等の犯罪被害防止のため,県内の

○金融機関

○コンビニエンスストア

○生命保険会社

へ顧客への声掛けを依頼しています。

これらは皆さんの財産を守るために行っていることですので,御理解をお願い致します。

金融機関等への依頼内容

うそ電話詐欺の被害金の原資(元手)が,各人の預貯金であることが大半です。

そのため,県内の金融機関に対して,高額現金の払出を希望する顧客がいた場合,

払出しの理由や,お金の交付先等に関する声掛けを行い,犯罪被害に遭っていないか確認すること。

現金の払い出しではなく,口座振替や小切手による支払いを勧めること。

声掛け等の結果,犯罪の被害に遭っている可能性がある場合(金融機関で判断が難しい場合)は,警察へ通報すること。

を依頼しています。

コンビニエンスストアへの依頼内容

コンビニエンスストアで電子マネー(電子ギフトカード)を購入させて支払いをさせる方法や,現金を宅配便に入れて,コンビニエンスストア窓口から送付させる方法でお金をだまし取る手口があることから,県内のコンビニエンスストアに対して,

電子マネー(電子ギフトカード)購入者へ,購入理由に関する声掛けや注意喚起

宅配便の送付者へ,宅配物の中身の確認(現金在中の有無)

を依頼しています。

生命保険会社への依頼内容

うそ電話詐欺にだまされた被害者が,現金を準備するために,生命保険を解約するなどして,現金を調達する事案があることから,生命保険会社に対して,

営業等を行う際の広報

生命保険を解約希望者へ,解約理由の確認

を依頼しています。

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活安全企画課

電話番号:099-206-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?