ホーム > 手続・申請 > 銃砲・刀・火薬類 > 猟銃等所持許可の有効期間及び許可の更新

ここから本文です。

更新日:2015年6月10日

猟銃等所持許可の有効期間及び許可の更新

猟銃及び空気銃の許可の有効期間は,許可を受けた日又は許可の有効期間が満了した日の後のその人の3回目の誕生日が経過するまでの間となっています。
そこで,引き続き猟銃・空気銃を所持しようとされる人は,住所地の公安委員会の許可の更新を受けなければこの許可の効力が失われます。
なお,猟銃・空気銃の所持許可更新は許可の有効期間が満了する日の2か月前から1か月前までの間に住所地を管轄する警察署に猟銃及び空気銃を持参して,次の書類を提出しなければなりません。

提出書類(更新申請)

【許可証が交付される場合】

猟銃等所持許可更新申請書

使用実績報告書

同居親族書

経歴書

診断書(精神保健指定医又はいわゆるかかりつけ医の作成したもので3ヶ月以内)

市町村長発行の身分(身元)証明書

技能講習修了証明書の写し又は免除書類(空気銃は除く)

推薦書の写し(小口径ライフルのみ)

猟銃・空気銃所持許可証の写し

講習修了証明書(許可時有効なものの写し)

認知機能検査(有効期間満了日に75歳以上の方)

(認知機能検査は,運転免許更新時の検査結果を適用できる場合があります。)

狩猟免状・有害鳥獣捕獲従事者証(用途が「狩猟」・「有害駆除」の方)

写真2枚(6ヶ月以内)

(同時申請銃にあっては添付書類なし)

【許可証が交付されない場合】

猟銃等所持許可更新申請書

使用実績報告書

診断書(精神保健指定医又はいわゆるかかりつけ医の作成したもので3ヶ月以内)

講習修了証明書(許可時有効なものの写し)

技能講習修了証明書の写し又は免除書類(空気銃は除く)

猟銃・空気銃所持許可証の写し

狩猟免状・有害鳥獣捕獲従事者証(用途が「狩猟」・「有害駆除」の方)

認知機能検査(有効期間満了日に75歳以上の方)

(認知機能検査は,運転免許更新時の検査結果を適用できる場合があります。)

(同時申請銃にあっては添付書類なし)


※詳しくは最寄りの警察署にお問い合わせください。

猟銃等所持許可更新申請期間の案内

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活安全企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?