ホーム > 県警の概要 > 指針・計画等 > 鹿児島県議会議員選挙に係る公職選挙法違反事件について

ここから本文です。

更新日:2015年6月10日

鹿児島県議会議員選挙に係る公職選挙法違反事件について

平成15年4月13日施行の鹿児島県議会議員選挙に係る公職選挙法違反事件(いわゆる志布志事件)に関して、平成19年2月に鹿児島地方裁判所において無罪判決が言い渡され、これが確定し、また、本年5月、2つの国家賠償請求訴訟の判決において、鹿児島県等が賠償金を支払うべき旨が言い渡されました。本件を通じて御負担をおかけした関係者の方々を始め、県民、国民の皆様に改めておわび申し上げます。
県警察といたしましては、二度とこのような事案を起こさないよう決意を新たにするとともに、より一層、緻密かつ適正な捜査を徹底し、信頼回復のために全力を挙げて警察活動に取り組んでまいる所存でありますので、県民、国民の皆様の御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成27年6月

【資料】

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。