閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 緊急情報 > 南さつま市における高病原性鳥インフルエンザの疑い事例(県内2例目)について(第2-1報)

更新日:2024年2月14日

ここから本文です。

南さつま市における高病原性鳥インフルエンザの疑い事例(県内2例目)について(第2-1報)

【概要】
 令和6年2月10日,南さつま市の種鶏農場において,高病原性鳥インフルエンザの疑い事例(県内2例目)が確認されました。
 これを受け,「鹿児島県高病原性鳥インフルエンザ等対策本部会議」を開催しました。

 記
1 農場の概要
所在地 :南さつま市大浦町
飼養状況:発生農場 約5,400羽
     関連農場 約7,600羽

2 経緯
(1) 本日正午,系列会社から南薩家畜保健衛生所に対し,死亡羽 
   数が増加した旨の通報
(2) 南薩家畜保健衛生所が緊急立入し,飼養鶏について簡易検査
   を実施したところ,A型インフルエンザ陽性を確認(午後2時
   45分)
(3) 当該農場から鹿児島中央家畜保健衛生所へ検体を持ち込み,
   再度簡易検査及びPCR検査を実施中

3 対策本部会議
(1) 日 時:令和6年2月10日 午後9時10分~
(2) 場 所:5階庁議室(県庁行政庁舎5階)
(3) 参集範囲:鹿児島県高病原性鳥インフルエンザ等対策本部員

このページに関するお問い合わせ

農政部畜産課

電話番号:0992863218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?