ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 共催・後援 > 鹿児島県教育委員会の行事の共催(後援)の申請について

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

鹿児島県教育委員会の行事の共催(後援)の申請について

内容

鹿児島県教育委員会が本県教育の振興に寄与すると認められる行事について,共催又は後援を行います。
行事の共催又は後援を希望される方は,当該行事の開始日の少なくとも14日前(土曜日,日曜日,祝日及び年末年始などの県の休日を除く。)までに下記「承認申請書」を県教育委員会あて提出してください。
なお,必要に応じて添付をお願いする書類がありますので,申請書を提出する前に担当課と十分連絡を取ってください。

問い合わせ先

課名等:総務福利課広報行政係
電話番号:099(286)5188

受付窓口

受付窓口: 教育委員会本庁各課又は各教育事務所(支所)
(事業の内容によって異なります。)
 

 

受付時間: 開庁日の午前8時30分~午後5時15分

様式

承認申請書(一太郎)(32KB)承認申請書(ワード)(55.5KB)承認申請書(PDF)(116.21KB)

申請時に添付する書類

事業の開催(実施)要領又は事業計画書,事業の収支予算書など,共催(後援)を受けようとする行事の具体的な内容がわかる書類を添付してください。
なお,過去に承認を受けている場合には,当該承認通知書の写しも添付してください。

申請時の注意点

承認を受けるには,以下の基準を満たす必要があります。
(1)行事の主催者が次のいずれかに該当するものであること。
ア国若しくは地方公共団体又はこれらに準ずるもの
イ学校及び学校の連合体
ウ学校教育,社会教育及び社会体育に関する団体,文化団体,教育研究団体,新聞社・放送局等報道機関その他の団体で,当該団体の設立目的又は活動状況等が教育委員会の教育行政の運営に関する基本方針等に反しないものと認められるもの
エその他教育長が特に適当と認めるもの
(2)事業の内容が次のいずれにも該当するものであること。
ア事業の内容が明らかに教育,学術,文化及びスポーツの普及向上に寄与するもので,公益性があるものであること。ただし,宗教活動又は政治活動と認められるものは除く。
イ事業の内容が教育委員会の教育行政の運営に関する基本方針等に即したものであること。
ウ事業の内容が明らかに営利を目的とするものではないと認められるものであること。
エ事業の規模が県下全域又はこれに準ずる程度の区域にわたるものであること。
(3)その他次の要件を満たすものであること。
ア主催者の存在及び基礎が明確で,事務の遂行能力が十分あると判断されるものであること。
イ講習会等にあっては,その講師が事業の目的からみて真に適当な人物であること。
ウ開催,開設等の場所が公衆衛生,災害防止等について,十分な設備及び措置が講ぜられていること。
エ主催者が参加者等から入場料,参加料等の経費を徴収する場合は,事業の遂行上やむを得ない場合であって,参加者等に過重の負担とならないものであること。
オ過去に教育委員会が行事の共催等の承認をしたもので,当該承認の条件を履行しなかったことがないこと。

このページに関するお問い合わせ

教育庁総務福利課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

一太郎ビューアダウンロード

一太郎形式のファイルをご覧いただく場合には、一太郎ビューアが必要です。一太郎ビューアをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。