ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 鹿児島県子ども読書活動推進会議 > 平成30年度第3回県子ども読書活動推進会議の開催結果について

ここから本文です。

更新日:2018年11月30日

平成30年度第3回県子ども読書活動推進会議の開催結果について

開催日時

平成30年11月26日(月曜日)午前10時30分から正午まで

場所

県庁11階11-農-1会議室

出席委員

上谷順三郎委員,上野知子委員,南芳浩委員,片川美和子委員,尾場瀬ちなみ委員

海老原一裕委員,郷田厚洋委員,中尾真由子委員,宮原まみ委員,山本悟委員(代理田好昭),

前田光久委員(代理永治),西園香緒利委員

公開・非公開の別

公開

傍聴者数

なし

協議

(1)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」パブリック・コメントへの回答について

(2)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」の全体を通しての質疑

(3)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」に基づく,読書活動啓発パンフレットについて

(4)子どもの読書活動に関する情報交換

審議会結果等の概要

(1)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」パブリック・コメントへの回答について

パブリック・コメントで寄せられた意見と回答案について,事務局から説明を行い,承認された。

(2)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」の全体を通しての質疑

  • 幼稚園でも子ども同士での読み聞かせを行っている。「第2章本的方針」の「発達段階に応じた心に残る1冊の本との出会い」を表す図に示せないか。
  • 「第3章どもの読書活動推進のための方策」の「発達段階ごとの特徴・取組例」を示す表の体裁を検討した方がよい。
  • 第5次推進計画策定の際は,「スマートフォンと読書の関係」「大学との連携」「郷土の本の活用」についても記載した方がよい。

(3)「第4次県子ども読書活動推進計画(案)」に基づく,読書活動啓発パンフレットについて

  • 全体的に表現が硬いので,やさしい言葉での表現にしてはどうか。
  • 子どもも読めるように大切な言葉にはルビを入れてはどうか。
  • 「心に残る1冊の本との出会い」という,第4次推進計画のテーマについて分かりやすく記載してはどうか。

(4)子どもの読書活動に関する情報交換

  • 学校での朝読書の充実を図ることは大切である。
  • 今の子どもたちは,昔話を知らない。県内の昔話を掘り起こすことも大切である。
  • 読み聞かせの際に,郷土の本も活用したい。
  • 電子書籍などスマートフォンを利用して,読書を行う高校生も多い。

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?