更新日:2015年3月30日

ここから本文です。

子ども

いじめや児童虐待、体罰など、非常に深刻な問題になっています。
自分からヘルプの意思表示をすることができない幼児や児童など、大人が関心を持って、いちはやくSOSをキャッチし、保護できるよう社会全体で取り組んで行く必要があります。

今、「いじめ」や「体罰」など、子どもに関する人権問題が非常に深刻な問題となっています。
「いじめ」が起こる原因の一つとしては、他人に対する思いやりの気持ちやいたわりといった意識が薄いことが考えられます。
さらに最近では、児童虐待、児童買春などに関する問題もクローズアップされて来ています。
これらの子どもの人権問題に対して、私たちは真剣に関心を持ち、虐待などの気配を察知したらできるだけ早く保護することが必要です。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局人権同和対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?