ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 国勢調査 > 7年国勢調査 > 従業地・通学地別集計結果(昼間人口)(2)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

従業地・通学地別集計結果(昼間人口)(2)

流出人口

平成7年に鹿児島県から他県へ流出した人口は9,540人で平成2年に比べ,514人の増加となっている。都道府県別では宮崎県が4,754人で最も多く,次いで熊本県が904人,東京都が811人となっており,宮崎・熊本両県で全体の約6割を占めている。
市町村で流出人口が多い市町村は,鹿児島市(16,356),姶良町(10,799),隼人町(8,424),国分市(6,046)などであるが,このうち,鹿児島市からは伊集院町へ1,449人,松元町へ1,167人,吉田町へ1,056人,郡山町へ1,015が流出しており,この4町で鹿児島市の流出人口全体の約3割を占めている。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?