閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 公共事業 > 治山事業 > 令和3年度の治山事業整備目標

更新日:2021年9月6日

ここから本文です。

令和3年度の治山事業整備目標

災害に強い県土づくりを進めます。

  1. 山地に起因する土砂災害の防止を図るため,治山施設や森林の整備を進めます。
  2. 高潮等による農地等への被害を防止するため,海岸防災林等の保全整備を進めます。


基本方針 整備水準 現況値(R2年度末) 目標値(R3年度末) 備考
災害に強い県土づくり 山地災害危険地区の整備 59.6% 59.7% 民有林
(5,814箇所) (5,821箇所)
海岸防災林等の保全 277km 277km




 

 

 

整備水準 水準の考え方 水準の目標
山地災害危険地区の整備 地に起因する土砂災害(山腹の崩壊,地すべり,崩壊土砂の流出)により公共施設又は人家等に直接被害を与える恐れのある地区の整備地区数。 地災害危険地区における治山事業を積極的に推進し,令和3年度は,新たに7箇所の整備を進めます。
海岸防災林等の保全
潮等による農地等の被害を防止するため,保全整備する海岸防災林等の延長。
潮等による農地等の被害を防止するため,海岸防災林等の保全整備を進めます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部森づくり推進課

電話番号:099-286-3388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?