ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 森林計画 > 第4 森林の保全に関する事項 1 森林の土地の保全に関する事項

更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

第4 森林の保全に関する事項 1 森林の土地の保全に関する事項

(1)根及び表土の保全その他森林の土地の保全に特に留意すべき森林の地区

樹根及び表土の保全その他林地の保全に留意すべき森林として,水源かん養,土砂流出防備等の保安林を指定するとともに,土地の形質の変更に当たって留意すべき事項を定めています。
区分 面積(ha) 留意すべき事項 保安林種類

南薩

8,111

林の有する公益的機能の維持向上を図るため,森林の整備の目標その他森林の整備に関する基本的な事項に配慮し,森林の適切な管理及び施業の実施に努めることとします。

また,土地の形質変更にあたっては,その区域面積を最小限にとどめ,森林の土地の保全に支障を及ぼすことのないよう十分に配慮することとします。

 

水源かん養

土砂流出防備

土砂崩壊防備

飛砂防備

防風

潮害防備

干害防備

落石防備

魚つき

保健

風致

北薩

18,093

姶良

9,173

大隅

8,690

熊毛

2,191

奄美大島

10,271

(注)平成30年4月1日現在

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部森林経営課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?